ベトナム

歴史

アジア文庫

 


メコンデルタ メコンデルタ フランス植民地時代の記憶

高田洋子著

2009年1月刊 46判 268頁 新宿書房 (5%)税込\3045 (本体\2900)


ベトナムの皇帝陶磁 ベトナムの皇帝陶磁 陳朝の五彩と青花

関千里著

2008年8月刊 A5判 436頁 めこん (5%)税込\5775 (本体\5500)


ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書 ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書 (世界の教科書シリーズ21)

ファン・ゴク・リエン監修 今井昭夫監訳 伊藤悦子、小川有子、坪井未来子訳

2008年9月刊 A5判 784頁 明石書店 (5%)税込\6090 (本体\5800)


クァンガイ陸軍士官学校 クァンガイ陸軍士官学校 ベトナムの戦士を育み共に闘った9年間

加茂徳治著

2008年5月刊 A5判 184頁 暁印書館 (5%)税込\2100 (本体\2000)


東南アジア年代記の世界 東南アジア年代記の世界 黒タイの『クアム・トー・ムオン』 (ブックレット アジアを学ぼう 2)

樫永真佐夫著

2007年11月刊 A5判 66頁 風響社 (5%)税込\840 (本体\800)


ベトナム戦争の「戦後」 ベトナム戦争の「戦後」

中野亜里編

2005年9月刊 46判 456頁 めこん (5%)税込:\3675 (本体:\3500)


カラー版 ベトナム戦争と平和 カラー版 ベトナム戦争と平和

石川文洋著

2005年7月刊 新書判 192頁 岩波書店 (5%)税込:\1050 (本体:\1000)


ベトナム戦争を考える ベトナム戦争を考える 戦争と平和の関係

遠藤聡著

2005年5月刊 46判 292頁 明石書店 (5%)税込:\2520 (本体:\2400)


ベトナム日本町の考古学 ベトナム日本町の考古学

菊池誠一著

2003年11月刊 A5判 318頁 高志書院 6,600円


エスニシティ〈創生〉と国民国家ベトナム エスニシティ〈創生〉と国民国家ベトナム 中越国境地域タイー族・ヌン族の近代

伊藤正子著

2003年10月刊 A5判 334頁 三元社 4,300円


ベトナムから来たもう一人のラストエンペラー ベトナムから来たもう一人のラストエンペラー

森 達也 著

2003年7月刊 46判 320頁 角川書店 1,700円


果てしなき論争 果てしなき論争 ベトナム戦争の悲劇を繰り返さないために

ロバート・マクナマラ編著 仲晃訳

2003年5月刊 46判 736頁 共同通信社 3,800円


近世日越交流史 日本町・陶磁器
櫻井清彦、菊池誠一編
2002年5月刊 A5判 376頁 柏書房 6,800円
日本の各地遺跡から次々に出土するベトナム陶磁器。そしてベトナムに残された日本町の遺跡と遺構。近世初頭に隆盛期を迎えた両国の交易と人的交流を探る。 

ベトナム革命の素顔
タイン・ティン著 中川明子訳
2002年4月刊 46判 452頁 めこん 3,500円
著者はベトナム共産党の元幹部。1990年、フランスに亡命後に出版した「ベトナム革命の内幕」に続く二冊目の政治回想録。前著では言及しなかった事実も公表。 

人民の戦争・人民の軍隊 ヴェトナム人民軍の戦略・戦術
ヴォー・グエン・ザップ著 眞保潤一郎、三宅蕗子訳
2002年6月刊 文庫判 237頁 中央公論新社 800円
ヴェトナム人民軍の最高司令官として、その卓越した戦略思想で数々の戦いを勝利に導いた名将・ザップ将軍が、その組織・戦略・戦術ヲディエン・ビエン・フー作戦などに即し具体的に論じた、ゲリラ戦論。 

ヴェトナム 歴史の旅
小倉貞男著
2002年4月刊 46判 264頁 朝日新聞社 1,300円
多様な姿を見せるヴェトナム各地を訪れ、歴史を振り返る。

ベトナムの少女 世界で最も有名な戦争写真が導いた運命
デニス・チョン著 押田由起訳
2001年9月 文庫判 464頁 文藝春秋 800円
米軍のナパーム弾から逃げまどう裸の少女−ベトナム戦争の悲惨さを最も象徴する写真の主人公がたどった、数奇な運命を追う。

北のベトナム、南のチャンパ ベトナム・遠い過去への旅
土方美雄著
2001年9月 46判 324頁 新評論 2,500円
ベトナム王朝とチャンパ王朝の抗争の歴史を巡りつつ、ベトナムの今を知る旅の記録。

憎しみの子ども ヴェトナム戦争後のもうひとつの悲劇
キエン・グエン著 宇佐川晶子訳
2001年9月 46判 312頁 早川書房 2,200円 品切れ
ヴェトナム戦争中にアメリカ兵とヴェトナム人女性とのあいだに生まれた著者が、すさまじい貧困と暴力を耐え抜き、生を渇望して祖国を後にするまでの壮絶な体験を綴ったノンフィクション。

ベトナム戦争全史 歴史的戦争の解剖 
ガブリエル・コルコ著 陸井三郎監訳 藤田和子、藤本博、古田元夫訳 
2001年7月 A5判 840頁 社会思想社 17,000円
ベトナム戦争の因果系列的な解説を提示し、現代史上の体験にとってのその意義に探りを入れる。

ベトナム戦争 誤算と誤解の戦場 
松岡完著 
2001年7月 新書判 336頁 中央公論新社 900円
ベトナムは、「民族の世紀」と「アメリカの世紀」が激突した戦場であり、各地に飛び火する地域紛争の原型だった。様々な視点から、この戦争の全体像を見直す試み。

毛沢東のベトナム戦争 中国外交の大転換と文化大革命の起源 
朱建栄著 
2001年6月 A5判 592頁 東京大学出版会 6,000円
1965年後半、ベトナム戦争が激化し、中ソ対立が深まる中、毛沢東が文化大革命を発動したのはなぜか。中越米ソ関係の軌跡と、中国の軍事戦略・内政の変容を描き出す。

ハノイから吹く風 サイゴン陥落を伝えた日本女性 
中村信子著 
2000年8月 46判 288頁 共同通信社 1,800円
第2次大戦後、ベトナム人留学生と結婚。妻として母としてベトナムで生き、現地放送局のアナウンサーとして「サイゴン陥落」をハノイから伝えた日本人女性の半生。

ジャングル・クルーズにうってつけの日[新版] ヴェトナム戦争の文化とイメージ 
生井英考著 
2000年5月 46判 494頁 三省堂 3,200円
ヴェトナム戦争が終わって四半世紀。いま、よみがえる戦争の経験とイメージ。

負けた戦争の記憶 歴史のなかのヴェトナム戦争 
生井英考著
2000年5月 46判 255頁 三省堂 2,000円
ヴェトナム戦争の「いま」を物語るアメリカの記憶とトラウマ。

我々はなぜ戦争をしたのか 米国・ ベトナム 敵との対話
東大作著 
2000年3月 46判 218頁 岩波書店 1,800円
1997年6月、ベトナム戦争の両国指導者が一堂に会した前代未聞の対話。同題の「 NHKスペシャル」( 1998年8月2日放送)待望の出版。

わかりやすいベトナム戦争 超大国を揺るがせた15年戦争の全貌(新しい眼で見た現代の戦争 C)  三野正洋著
99年12月 46判 300頁 光人社 2,200円

ベトナムに消えた兄  
山本ませ子著
99年8月 46判 166頁 西田書店 1,200円

シャッター以前 vol.3 
99年3月 A5判 130頁
岡村昭彦の会編・発行 川島書店発売  1,000円

べトナム戦争  民衆にとっての戦場
吉澤南著 
46判 280頁 吉川弘文館 2,400円 

べトナム戦争 アメリカはなぜ勝てなかったか
三野正洋著 
46判 305頁 ワック 1,800円

「将軍」と呼ばれた男  戦争報道写真家・岡村昭彦の生涯
玉木明著 
46判 242頁 洋泉社 1,800円

[対訳]世界の教科書にみる日本 ヴィエトナム編 
国際教育情報センター編 
95年12月 B5判 181頁 (財)国際教育情報センター発行 丸善発売  2,136円

 




ホームへ