現代ベトナムの政治と外交 国際社会参入への道

中野亜里著

2006年12月刊 A5判 268頁 暁印書館 (5%)税込:\3360 (本体:\3200)

ベトナム戦争終結から現代に至るベトナムの内政、対外政策を詳細に分析。その外交姿勢の転換過程を明らかにし、現在ベトナムの情勢理解ための視点を提供する。

【主要目次】
序章 大国のはざまの革命
第1章 東南アジアの革命の旗手として
 1 大国への自己主張
 2 中国との関係悪化とソ連への接近
 3 東南アジアの「真の中立」化
第2章 「戦後」の戦争
 1 共産主義隣国との戦争
 2 中国脅威論とASEAN承認
 3 ASEAN諸国との対立と対話
第3章 ドイモイ外交への道
 1 対外関係の行き詰まり
 2 中ソ関係改善への抵抗
 3 平和的国際環境を求めて
第4章 国際共同体の一員として
 1 新思考外交への転換
 2 ソ連・東欧の政治変動への対応
 3 ポスト冷戦期の外交

 

ご注文

ホーム