ベトナムの労働法と労働組合

斉藤善久著

2007年3月刊 A5判 280頁 明石書店 (5%)税込:\4200 (本体:\4000)

ドイモイ後のベトナムにおける労働組合の位置づけと役割を、法的な側面から明らかにする。

【主要目次】
1 序章
 1 基本的認識
 2 問題の所在と本書の目的
 3 本書の構成と方法
2 背景的諸事項
 1 ドイモイ
 2 労働事情
 3 労働立法史の概略
 4 労働組合
3 労働条件決定システムと労働組合
 1 労働契約
 2 就業規則
 3 労働協約
 4 労働保護
 5 社会保険
 6 労働契約の終了
4 労働紛争解決システムと労働組合
 1 経緯と概念
 2 対話
 3 現場での話し合い
 4 基礎労働調停協議会、労働調停員
 5 県級人民裁判所
 6 労働仲裁協議会
 7 省級人民裁判所
 8 最高人民裁判所、監督審および再審
 9 ストライキ
5 終章―労使関係ルールのドイモイ
 1 問題状況の総括
 2 ベトナム労働組合の唯一代表性、一般的代表性に対する修正の試み
 3 私見―展望と課題
付録
 1 事例
 2 ストライキの解決の現状
主な参考文献
事項索引
人名索引
主な法規範文書等

 

ご注文

ホーム