国際経済参入期のベトナム

石田暁恵、五藤文雄編

2004年12月刊 A5判 472頁 アジア経済研究所 (5%)税込:\5250 (本体:\5000)

WTO加盟をめざして国際経済への参入を深化させつつあるベトナム。市場経済化、行政改革、国際開発協力の現段階と立ち向かうべき課題を論じた地域研究報告。

【主要目次】
 序章 国際経済参入期のベトナム 石田暁恵・五藤文雄
第I部 グローバル化に向かうベトナムの市場経済化
 第1章 ベトナム工業化の課題
        −担い手の発展 石田暁恵
 第2章 ベトナムのプラスチック産業
        −内需主導発展過程における市場と企業 藤田麻衣
 第3章 ベトナム農業の国際的な発展戦略と土地政策 出井富美
 第4章 ベトナムにおける市場経済化を伴う経済開発の考察 
       −北部のムラ・村にみられる‘均等主義’の検討・評価を通じて 竹内郁雄
第II部 行政改革をとおして見た統治機構・政治改革の現状
 第5章 ベトナムの行政改革と社レベルの変容 五藤文雄
 第6章 予算制度改革からみる中央・地方関係
        −分権化の進展 本多幸恵
 第7章 ベトナムにおける地方行政改革
        −ハノイ市の取り組み 寺本実
 第8章 ベトナムにおける各級行政機関間の関係
        −初等教育行政を事例として 石塚二葉
第III部 ベトナムをめぐる国際開発協力
 第9章 ベトナムの貧困削減政策
        −ベトナム指導層の認識とその変化の背景 坂田正三
 第10章 メコン地域開発におけるベトナムとタイ
        −開発協力をめぐる国際関係 小笠原高雪

 

ご注文

ホーム