アメリカの化学戦争犯罪 ベトナム戦争枯れ葉剤被害者の証言 (教科書に書かれなかった戦争 Part47)

北村元著

2005年8月刊 A5判 380頁 梨の木舎 (5%)税込:\3675 (本体:\3500)

1961年8月10日、アメリカ軍は枯葉作戦を開始。猛毒・ダイオキシンは、ベトナムの人と自然を破壊しつづけた。それから30年、遺伝子を損傷された子どもたちが誕生し、被害者・家族の苦しみは今も続く。元兵士、看護士、医者、弁護士などの証言から被害の実態を明かにする。

【主要目次】
1章 提訴―2004年1月30日
 1 ケネディーの決定
 2 訴訟
 3 訴訟を支える人たち
2章 七色の霧を浴びて
 1 フンの世界
 2 五五九部隊の人々は今
 3 五五九部隊の女性兵士たち
 4 第三世代
 5 沈黙するマダ森林
3章 医療現場からの証言
4章 アメリカの化学戦争犯罪

 

ご注文

ホーム