エスニシティ〈創生〉と国民国家ベトナム 中越国境地域タイー族・ヌン族の近代

伊藤正子著

2003年10月刊 A5判 334頁 三元社 4,300円

タイー族・ヌン族はいかに少数「民族」となり、ベトナム「国民」となっていったのか。国民国家との相互関係のなかで、分離にも吸収にも向かわないエスニシティのあり様を歴史的に明らかにする。

【主要目次】
序論
T部 王朝・植民地支配の“トー”・“ヌン”
 第1章 ベトナム王朝とフランス植民地支配
 第2章 タンラン社入植の歴史と“トー”・“ヌン”の成立
U部 革命運動とタイー族・ヌン族の貢献
 第3章 抗仏期
 第4章 抗米期
V部 土地政策と土地所有
 第5章 合作社の設立と解体
 第6章 自由移民の出現
W部 教育の変遷
 第7章 「ベトナム国民化」教育
 第8章 少数民族(タイー・ヌン語)政策
X部 中国との関係
 第9章 友好期
 第10章 関係悪化期
 第11章 関係回復期
結論
附論 中部高原のタイー族・ヌン族 − 1954年移住組
参考文献
あとがき
索引

 

ご注文

ホーム