復刻版 タイの政治文化−剛と柔

赤木攻著

2007年12月刊 46判 240頁 NNA (5%)税込\2100 (本体\2000)

タイ社会理解のための基本文献の復刻。タイ社会を「剛・柔社会」と規定して読み解く。普遍、基本、絶対、中心…を意味する「剛」と、応変、仔細、相対、周辺…を意味する「柔」の関係がその局面の動態を規定すると説く。タイ社会を規制する根本理念を抽出。復刻版のために新たに書き下ろした『しぶとく生きる「剛と柔」』を収録。(初版1989年 勁草書房)

【主要目次】
はじめに―「社会〈サンコム〉」という言葉
第1章 地域社会からの出発―東北タイの1村落
 なぜ東北タイなのか
 村落の概況
 政治社会
 経済生活
 家族・親族
 社会化
 小結論―「剛」と「柔」
第2章 歴史―国家形成
 前近代国家
 国民統合
 国語の成立
第3章 政治・経済
 「ラック・タイ」=「聖域」
 政治の論理
 反政府・体制運動
 政治発展への展望
 外交
 経済
第4章 言語・文化
 タイ語
 上座部仏教
 男女差
第5章 剛・柔社会
 狭い「剛」と広い「柔」
 タテ関係の剛と柔
 ヨコ関係の剛と柔
 剛・柔社会における変動
おわりに―再び東北タイから
参考文献
あとがき
しぶとく生きる「剛と柔」−復刻版あとがきに代えて
タイ王国史年表

 

ご注文

ホーム