タイの歴史 タイ高校社会科教科書 (世界の教科書シリーズ6)

中央大学政策文化総合研究所/監修 柿崎千代/訳

2002年3月刊 A5判 352頁 明石書店 2,800円品切れにつきご注文できません

本書は、タイの中等教育課程6年生用歴史教科書「S605 社会科」(So605 Sangkhomsuksa, Chanwit Kasetsiri et.al. Thai Watthana Phanit, 1994)の日本語訳。日本の高校3年生用の教科書にあたる。

【主要目次】
「世界の教科書」の刊行に際して
タイ王国略図
凡例および本書を読むにあたって
序章 人間、社会と歴史
     人間、社会と変化
第1章 タイ社会の変容
     伝統時代のタイ社会
     近代のタイ社会
第2章 タイの芸術文化の変容
     古代の芸術文化
     伝統主義の芸術文化
     近代の芸術文化
第3章 タイ経済の変容
     自給経済
     ラッタナコーシン時代初期の交易の発展と経済の変化
     貨幣経済
     様々な産業の変化
     財政の変革
     民主主義体制下のタイ経済
第4章 タイ政治の変容
     スコータイ時代の政治的変容
     アユッタヤー時代の政治的変容
     トンブリー時代・ラッタナコーシン時代の政治的変容
     仏暦2475年の立憲革命
     仏暦2475年の立憲革命以後の政治的変容
第5章 西洋と東洋の社会と芸術文化の変容
     西洋の社会と芸術文化の変容
     東洋の社会と芸術文化の変容
第6章 西洋と東洋の経済的変容
     西洋の経済的変容
     東洋の経済的変容
第7章 西洋と東洋の政治的変容
     西洋の政治的変容
     民主主義政治の基盤
     西洋における民主主義政治の発展
     東洋の政治的変容
第8章 近代における科学の進歩
     科学革命
     農業革命
     産業革命
     主な科学的進歩
     社会科学と人文科学の進歩
     科学の進歩の生活への影響
     科学の進歩がタイにもたらしたもの
第9章 国家間の協力と相互依存
     対立と戦争
     第1次世界大戦(1914−1918年)
     第2次世界大戦(1939−1945年)
     第2次世界大戦以降
     協力、依存、平和
     まとめ
あとがき
参考文献

 

ホーム