ゴーゴーバーの経営人類学 バンコク中心部におけるセックスツーリズムに関する微視的研究

市野沢潤平 著

2003年12月刊 A5判 304頁 めこん ご注文いただけません

タイのゴーゴーバーを舞台に、そこで働くバーガールたちと、男性客たちとの経済取引、市場の特異性を、文化人類学的なアプローチで調査し、経営学的な視点で分析した研究レポート。<親密性産業>の実態を、当事者たちのインタビューを通して明らかにする。

【主要目次】
第1章 本書の視座と射程
 1. セックスツーリズムとタイのゴーゴーバー
 2. 先行研究の流れ
 3. 経営人類学という視座
第2章 タイにおけるセックスセクター
 1. セックスセクター概観
 2. 観光志向のセックスセクター隆盛の歴史的背景
第3章 ゴーゴーバー素描
 1. 立地と人口
 2. 営業形態
 3. バーガールたちの仕事と労働条件
第4章 経済取引としてのバーガール‐男性客関係
 1. バザール型市場論
 2. バーガール‐男性客関係におけるリスクと利得の問題
 3. バーガール間における連帯と競争
 4. ヤヌス的な市場特性が生むダイナミズム
第5章 経済外的な関心と私的な親密性
 1. 当事者たちの多様な関心
 2. バーガール‐男性客関係の諸相
 3. 仕事からの逸脱と焦点化される私的な親密性
 4. オクシモロニック・ワーク
第6章 <親密性産業>の経営人類学的研究に向けて

 

ご注文

ホーム