イサーンの百姓たち NGO東北タイ活動記

松尾康範著

2004年1月刊 46判 216頁 めこん 1,600円

タイの最貧地帯と言われる東北地方(イサーン)で、日本国際ボランティアセンター(JVC)のスタッフとして活動する著者の報告。グローバリゼーションと消費文化の波がおしよせる中。農民たちは有機農業、地場の市場つくりなど、知恵を絞り、力をあわせて、苦境をきりぬけた。
タイと日本、誇り高き「百姓」たちが手を結んだ活動の記録。

【目次】
プロローグ 出会いの旅
第1部 イサーンの人とくらしの物語
 
第1章 舞台は東北タイ
 第2章 変容するイサーン
 第3章 グローバリゼーションとイサーンの智慧
 第4章 スースー・バンドと生きるための歌
第2部 もうひとつのイサーンを求めて
 
第5章 おすそ分けの経済をつくろう
 第6章 むらとまちを結ぶ市場へ
 第7章 ふるさとの森をふたたび子どもたちへ
エピローグ タイと日本、人々の思いがつながって

 

ご注文

ホーム