カラワン・ソングブック

森下ヒバリ編

2004年10月刊 B6判 64頁 ビレッジプレス (5%)税込:\630 (本体:\600)

タイの音楽グループ「カラワン」は、70年代初め、当時の軍事政権に反対する学生運動を歌によって支えた。彼らの歌は「生きるための歌」と呼ばれ、多くの学生や市民に支持され、口ずさまれてきた。1989年、グループは解散したが、今年、2004年はグループ結成30周年になる。本書は、いまなお、根強い人気を誇る「カラワン」の日本語訳詞集。「人と水牛」「雨を待つ稲」「黄色い鳥」「サムロー」「望郷」「インドシナ」ほかを収録。

 

ご注文

ホーム