東南アジア一般

政治・法律

アジア文庫

 


現代日本の東南アジア政策  1950‐2005 現代日本の東南アジア政策  1950‐2005

波多野澄雄、佐藤晋 著

2007年11月刊 A5判 312頁 早稲田大学出版部 (5%)税込\4095 (本体\3900)


コミンテルン・システムとインドシナ共産党 コミンテルン・システムとインドシナ共産党

栗原浩英著

2005年4月刊 A5判 322頁 東京大学出版会 (5%)税込:\7140 (本体:\6800)


ASEANと日本 ASEANと日本 東アジア経済圏のゆくえ

荒井利明著

2003年12月刊 46判 256頁 日中出版 2,000円


東南アジアの民主化
伊藤述史著
2002年2月刊 46判 296頁 近代文芸社 2,000円
東南アジアの民主化の過程を市民社会と国家との関係から分析、その展望を検討する。

転換期のASEAN 新たな課題への挑戦 
山影進編
2001年5月 A5判 230頁 (財)日本国際問題研究所 2,500円
21世紀に入った今、ASEANは多くの新たな困難に直面している。転換期に立つASEANの新たな課題をその政治的役割に焦点を当て立体的に描く。

東南アジア諸国憲法における人権保障
土居靖美編著
2000年12月 A5判 181頁 嵯峨野書院 3,600円
インドネシア、ミャンマー、中国、フィリピン、マレーシア、シンガポール、タイにおける人権保障の歴史、人権問題、人権保障の実情等を考察。

東南アジア法 『ASEAN法』改訂版 安田信之著 
2000年10月 A5判 359頁 日本評論社 3,700円
ASEAN構成10カ国の法文化を理解するための枠組みを提示し、法史、憲法体制および司法制度を概説する。

民主化と軍部 タイとフィリピン 
伊藤述史著
99年6月 A5判 228頁 慶應義塾大学出版会 3,000円

世紀末からの東南アジア 錯綜する政治・経済秩序のゆくえ(慶應義塾大学地域研究センター叢書)
添谷芳秀、山本信人編
2000年4月 A5判 256頁 慶應義塾大学出版会 2,600円
東南アジアの経済圏はいまや北米、日本、東アジア、オーストラリアをも覆う大きな影響力を持つに至った。21世紀の東南アジア像を多角的に展望する。

マレーシアとシンガポールにおける女性と政治 ナショナリズム・国家建設・ ジェンダー
田村慶子著
99年月不明 B5判 72頁 
(財)アジア女性交流・ 研究フォーラム 1,000円

 

ホームへ