東南アジア社会経済発展論 30年の進歩と今後の展望

安場保吉 編著

2005年2月刊 A5判 156頁 勁草書房 (5%)税込:\2520 (本体:\2400)

東南アジア主要5ヵ国、シンガポール、マレーシア、タイ、フィリピン、インドネシアの過去30年の社会発展(貧困削減、所得の増加、新興工業国への仲間入りなど)を振り返り、21世紀の行方を展望する。

【主要目次】
第1章 社会経済発展の展望 安場保吉
第2章 農業発展 福井清一
第3章 人口と生活の変化 ─マレーシア農村を手がかりに 坪内良博
第4章 スハルト新体制下のインドネシア経済 テー・キアン・ウィー
第5章 通貨危機後のインドネシア経済 アンワール・ナスティヨン
第6章 内から見た ASEAN の経済発展 ジョン・ウォング
第7章 ASEAN 社会経済の将来 安場保吉

 

ご注文

ホーム