講座 世界の先住民族―ファースト・ピープルズの現在 02 東南アジア

綾部恒雄 監修 林行夫、合田濤 編

2005年3月刊 A5判 344頁 明石書店 (5%)税込:\5040 (本体:\4800)

東南アジアに住む、周縁化されてきた人びとは、1960年代以降、東西冷戦や開発独裁の被害者として立ち現れてきた。彼らが属する国家の民族政策、歴史、社会、宗教、文化に言及し、市場経済や観光化など、人びとが今日経験している現実も紹介する。

【主要目次】
序文 先住少数民族について
第T部 東南アジア大陸部
〈ビルマ(ミャンマー)・タイ〉
 1 カレン◇タイとビルマのカレン (速水洋子)
〈ミャンマー・中国〉
 2 ジンポー◇ミャンマー・中国国境をまたいで生きる人びと (兼重努)
〈タイ〉
 3 リス◇「古き良き時代」の再定義 (綾部真雄)
 4 ユーミエン(ヤオ)◇山中を移動し焼畑を行ってきた道教徒 (吉野晃)
 5 モン◇国民国家と「民族」の現在 (谷口裕久)
〈ベトナム〉
 6 黒タイ◇黒タイの拡散とその現在 (樫永真佐夫)
 7 ラグライ◇社会主義のもとでの先住民 (合田濤)
 8 チャム◇「亡国の民」の現在 (吉本康子)
〈ラオス〉
 99 カム◇森の生活―ラオスの先住民 (スックサワン・シーマナ著/吉田香世子編訳)
第U部 東南アジア島嶼部
〈フィリピン〉
 10 ボントック◇多重化する先住民 (合田濤)
 11 ピナトゥボ・アエタ◇一九九一年大噴火によるアエタの苦難と覚醒 (清水展)
 12 マノボ◇北東ミンダナオにおけるマノボ族 (レスリー・エスパーニャ・バウソン著/貝沼恵美訳)
〈インドネシア〉
 13 カジャン◇近代化を拒否する人びと (伊藤眞)
 14 ダヤック◇忍従から自律へ (井上真)
〈マレーシア〉
 15 オラン・アスリ◇開発とイスラーム化 (信田敏宏)
 16 オラン・ウル◇バルイ流域民の現在から (津上誠)
監修者あとがき
索引

 

ご注文

ホーム