東南アジアのNGOとジェンダー

田村慶子、織田由紀子編著

2004年2月刊 46判 280頁 明石書店 3,000円

国家の政策形成にジェンダー視点を取り入れるためNGOはどのような活動を展開しているのか。アジア太平洋、マレーシア、シンガポール、フィリピン、インドネシアでのフィールドワークを通してNGOの実像を浮き彫りにする。

【主要目次】
序章 ジェンダーの主流化とは  織田由紀子  
 1 ジェンダーの主流化の定義
 2 ジェンダーの主流化の成立と定着
 3 ジェンダーの主流化も女性の主流化も
 4 ジェンダー主流化の実施
第1章 ジェンダーの主流化に向けた国際社会の取り組み  望月康恵  
 1 国連の取り組み
 2 アジア太平洋におけるジェンダーの主流化の動きと取り組み
第2章 マレーシアのNGOとジェンダーの主流化―エスニックな分断を超えて  田村慶子
 1 政府の女性政策とマレーシア女性の地位の変化(一九九〇年代後半まで)
 2 女性NGOとネットワークの構築
 3 ジェンダー主流化に向けて
第3章 シンガポールにおけるジェンダーの主流化とNGO―メリトクラシーの厚い壁  田村慶子
 1 メリトクラシーの社会における女性の地位
 2 女性NGOの結成と活動――AWAREを中心に
 3 PAP女性部の(再)結成と活動
第4章 NGO活動における少数民族とジェンダー―少数民族はジェンダーに敏感でないのか  森谷裕美子
 1 NGOとジェンダー
 2 パラワン島のNGO
 3 少数民族はジェンダーに敏感でないのか
第5章 インドネシアの女性運動とジェンダーの主流化―女性NGOの果たした役割  大形里美
 1 インドネシアの女性運動の流れ
 2 新しい女性運動としての女性NGO(「プルンプアン組織」)
 3 スハルト政権の崩壊と政府の女性政策の転換
 4 ポスト・スハルト期の新たな変化
第6章 アジアの地域女性NGOはジェンダーの主流化をどう進めてきたか  織田由紀子  
 1 東南アジアの地域横断的女性NGO
 2 地域女性NGOはジェンダーの主流化の推進にどう関わってきたか

 

ご注文

ホーム