論集 モンスーンアジアの生態史 −地域と地球をつなぐ− 第1巻 生業の生態史

河野泰之/責任編集 秋道智彌/監修

2008年5月刊 B5判 230頁 弘文堂 (5%)税込\5040 (本体\4800)

モンスーンアジア地域の生態・文化・歴史について5年におよぶ調査研究を通じて得られた成果を集大成したもの。人間文化研究機構・総合地球環境学研究所におけるプロジェクト研究(「アジア・熱帯モンスーン地域における地域生態史の総合的研究:1945-2005」)の研究成果。(全3巻)
第1巻では、生態・技術・文化の多様性と博物学的知見を体系的に著す。

【主要目次】
序論 変革を乗り越える人と自然の相互作用 河野泰之
第1章 東南アジア大陸部の雨緑樹林と農の生態 (河野泰之、加藤真、百村帝彦)
第2章 焼畑のモチイネとツルアズキ―DNAから神話まで― (友岡憲彦、武藤千秋、川野和昭、佐藤洋一郎)
第3章 水田稲作の多様性(宮川修一、竹中千里、小野映介、藤田裕子、安達真平)
第4章 耕耘機で森を食べる ―ラオス天水田稲作地帯における農業近代化と野生資源利用の変化― (野中健一、齋藤暖生、足達慶尚)
第5章 焼畑の生態価値 (横山智、落合雪野、広田勲、櫻井克年)
第6章 ホームガーデンから市場へ (縄田栄治、内田ゆかり、和田泰司、池口明子)
第7章 多様な狩猟技術と変わりゆく狩猟文化 (池谷和信、川野和昭、秋道智彌 )
第8章 家畜利用の生態史 (高井康弘、増野高司、中井信介、秋道智彌)
第9章 メコン河集水域の漁撈と季節変動 (秋道智彌、池口明子、後藤明、橋村修)
第10章 メコン河流域の水辺の植物(水草類)利用の多様性 (鯵坂哲朗、小坂康之、若菜勇、秋道智彌)
第11章 五感の食生活
―生き物から食べ物へ― (落合雪野、小坂康之、齋藤暖生、野中健一、村山伸子)

 

論集 モンスーンアジアの生態史 −地域と地球をつなぐ− 第2巻 地域の生態史

論集 モンスーンアジアの生態史 −地域と地球をつなぐ− 第3巻 くらしと身体の生態史

ご注文

ホーム