もうみんな家に帰ろうー! 26歳という写真家・ 一ノ瀬泰造

一ノ瀬信子編

2003年6月刊 A5判 280頁 窓社 3,200円

被弾した泰造のカメラに残されていたフィルムを、遺影に語りかけながら焼き続けてきた母・信子さんが、約2万コマのネガから写真を選び、1冊の本にまとめた。ベトナム、カンボジアの戦場はもちろん、、インド、バングラディシュや、ボクシングをテーマとした大学時代の作品も収録されている。写真好きで一昨年、他界した父・清二さん撮影の写真も収められている。「暗室日記」には、フィルムを焼き続けてきた母の思いが綴られている。

【主な構成】
新宿 1968
インド・バングラディシュ 1972
カンボジア 1972
ベトナム 1972−73
メコンを上る 1973
一ノ瀬泰造の人生
一ノ瀬泰造の父と母
暗室日記

 

ご注文

ホーム