メコン発 アジアの新時代

薄木秀夫著

2004年5月刊 46判 272頁 凱風社 (5%)税込:\1890 (本体:\1800)

遥かチベットに源流を発し、インドシナ半島を縦断して、ベトナムから南シナ海に注ぐ大河メコンは、この流域の国々の歴史や文化に多大な影響を及ぼしてきた。本書はメコン流域のタイ、ラオス、ベトナム、カンボジアを取材してきた新聞社特派員が報告する、この地域の歴史と、今と、これから。

【主要目次】
歴史回廊メコン流域の旅
 1 民族と文化の交差点 タイ北部
 2 ゴールデン・トライアングル タイ最北部
 3 不思議な国の新時代 ラオス
 4 「イサン」は語る
 5 チャンパ王国 南ラオス、ベトナム中部
 6 復興と開発 カンボジア
 7 「アプサラ」は踊る カンボジア
 8 メコン・デルタ ベトナム
 9 戦争の記憶 タイ
インドシナを見る基礎知識
 1 アジアの心
 2 アジアを「見る」
 3 アセアン(ASEAN)はいま

 

ご注文

ホーム