魔境アジアお宝探索記 骨董ハンター命がけの買い付け旅

島津法樹著

2007年2月刊 文庫判 304頁 講談社 (5%)税込\760 (本体\724)

サラリーマンをやめてタイ、フィリピン、インドネシアなど、東南アジアの僻地へ骨董探しの旅へ。ゲリラに狙われ、スパイと間違われ、丁々発止の駆け引きの末に見たものは…。『骨董ハンター南方見聞録』(講談社 2001年刊)を改題、再編集したもの。

【目次抜粋】
笑う魚(フィリピン)
棺桶と青磁瓶(フィリピン)
銃の暴発(フィリピン)
ムスリムの爺さん(フィリピン)
マブイ女は両替屋(フィリピン)
セキュリティポリスと袖の下(フィリピン)
月の石(フィリピン)
翡翠原石に賭ける男たち(ミャンマー)
100万ドルの染付け大皿(ミャンマー)
メオ族の縁絵皿(タイ)
象に乗って山越えて(タイ)
少女と占い師(ラオス)
地下に眠る黄金仏(カンボジア)
国境の取り引き(カンボジア)
危ないカリヤホテル(インドネシア)
ジャラン・スラバヤ骨董通り(インドネシア)
解放の白い花(ベトナム)
ほか

 

ご注文

ホーム