〈境域〉の実践宗教 大陸部東南アジア地域と宗教のトポロジー (地域研究叢書19)

林行夫編著

2008年2月刊 A5判 838頁 京都大学学術出版会 (5%)税込\6720 (本体\6400)

タイ、カンボジア、ミャンマー(ビルマ)、ラオス、中国西南部をふくむ東南アジア大陸部の諸地域を中心に、宗教の制度と実践をさまざまな「境域」から照射し、宗教と社会が織りなす動態を分析しようとする論文集。

【主要目次】
序文 大陸部東南アジア地域の宗教と社会変容(林 行夫)
第1部 国家と制度の〈境域〉
 第1章 ポル・ポト時代以後のカンボジア仏教における僧と俗(小林知)
 第2章 現代ミャンマーにおける仏教の制度化と〈境域〉の実践(小島敬裕)
 第3章 宗教実践とローカリティ―雲南省・徳宏地域ムンマオ(瑞麗)の事例(長谷川清)
 第4章 国境の上の仏教―タイ国北部国境域のシャン仏教をめぐる制度と実践(村上忠良)
 第5章 「タイ仏教」と実践仏教の位相―東北農村のタマカーイにみる制度と教派の展開 (林行夫)
第2部 僧界と俗界の〈境域〉
 第6章 「開発僧」と社会変容―東北タイの事例研究(ピニット・ラーパターナーノン/加藤眞理子・林行夫 訳)
 第7章 出家と在家の境域―カンボジア仏教寺院における俗人女性修行者(高橋美和)
 第8章 サラパン仏教讃歌―東北タイ農村における女性の宗教実践と社会変容(加藤眞理子)
 第9章 近現代ビルマ(ミャンマー)における「経典仏教」の変遷―〈実践〉〈制度〉〈境域〉の視点から(原田正美)
第3部 アイデンティティの〈境域〉
 第10章 仏教国家タイと非仏教系山地民―キリスト教徒ラフおよび伝統派ラフの事例(西本陽一)
 第11章 カレン州パアンにおける仏教徒ポー・カレンの宗教実践(速水洋子)
 第12章 中国雲南省徳宏州ドアン族の仏教文化と土着信仰(楊 光遠/兼重努 訳)
 第13章 西南中国における功徳の観念と積徳行―トン族の橋づくりの事例から(兼重努)
 第14章 タイ・ムスリム社会の位相―歴史と現状(サオワニー・チットムアット/高岡正信 訳)
 第15章 北タイにおけるイスラーム環境の形成過程―中国雲南系ムスリム移民の事例から(王柳蘭)
付録一 「ラオス・サンガ統治法」および宗教関連資料(吉田香世子)
付録二 タイ・ムスリム関連資料(サオワニー・チットムアット/高岡正信 訳)

 

ご注文

ホーム