東南アジアの建国神話 (世界史リブレット72)

弘末雅士著

2003年4月刊 A5判 92頁 山川出版社 729円

東西海洋交通の要衝にある東南アジアは、古くから交易のための港市が栄えた。そこを拠点に、多くの国家が誕生した。本書は、国家の建設にあたって求められた建国神話の検討をとおして、建国者によって、多様な人びとが往来した王都を中心に、普遍的な世界秩序が掲げられた一方、その交流を支えるために王国内に独自の地域秩序が形成されたことを明らかにする。

【目次】
自然・国家・人類
港市国家の建国神話
港市と世界秩序
地域世界の形成
近代における自然・国家・人類

 

ご注文

ホーム