現代日本の東南アジア政策  1950‐2005

波多野澄雄、佐藤晋 著

2007年11月刊 A5判 312頁 早稲田大学出版部 (5%)税込\4095 (本体\3900)

戦後の日本は、地域の安定化に寄与するという役割について、東南アジアで自立的な外交活動を展開してきた。半世紀を越える日本の東南アジア外交の軌跡や政策構想の消長を、日本外務省の公開資料を活用して検証する。

【主要目次】
1章 吉田内閣と「東南アジア開発」構想
2章 冷戦の狭間で
3章 岸外交と東南アジア―「アジアの一員」として
4章 池田内閣期の東南アジア政策
5章 佐藤内閣期のインドネシア政策
6章 ベトナム戦争をめぐる日本外交
7章 援助外交と「福田ドクトリン」
8章 カンボジア問題と日本外交
9章 「アジア太平洋協力」の政治と経済
10章 「東アジア共同体」構想の浮上―日本・ASEAN関係の変容
補遺 アジア局を中心とする戦後外務省組織の変遷

 

ご注文

ホーム