インドネシアを代表する作家、プラムディヤ・アナンタ・トゥールの作品

人間の大地 上
押川典昭訳
1986年 46判 328頁 めこん 1,800円

人間の大地 下
押川典昭訳
1986年 46判 338頁 めこん 1,800円

すべての民族の子 上
押川典昭訳
1988年 46判 344頁 めこん 1,900円

すべての民族の子 下
押川典昭訳
1988年 46判 316頁 めこん1,900円

 

 

 

足跡
押川典昭訳
1998年 46判 792頁 めこん 4,200円

ガラスの家
押川典昭訳
2007年 46判 736頁 めこん 3,500円

ゲリラの家族
押川典昭訳
1983年 46判 336頁 めこん 2,500円

 

プラムディヤ・アナンタ・トゥールのインドネシア語原著作

『人間の大地』、『すべての民族の子』、『足跡』、『ガラスの家』は、1969年から10年間流刑地ブル島に勾留され、表現の自由を奪われたプラムディヤが独房の政治犯に日夜語って聞かせたという、雄大なスケールの四部作である。
舞台は1898年から1918年にかけてのオランダ領東インド。300年近くも西欧に蹂躙されてきたインドネシア民族が、覚醒し、自己を確立していく長く苦しい闘いを描いたこの大河小説は、最も優れた語り部によるインドネシア近代再構築の物語といえよう。
1980年、第一部『人間の大地』が発行されると、インドネシアの人々は熱狂してこれを讃え、初版一万部が12日間て売り切れしまった。影響力を怖れたインドネシア政府は『人間の大地』、『すべての民族の子』を発禁とし、その後刊行された『足跡』、『ガラスの家』も同じ運命をたどった。
しかし、『人間の大地』四部作に対する賛嘆の声は、インドネシア国内のみならず、諸外国においても高まる一方で、英語、ドイツ語、オランダ語マレー語、中国語などの翻訳書が次々に出版された。
ノーベル文学賞候補にも何度もノミネートされ、プラムディヤに対する「東南アジア随一の作家」という声価は国際的に確立したが、インドネシア国内では彼の書はまだ禁を解かれていない。

ご注文

ホームへ