フィリピン

歴史

アジア文庫

 


資料集 日本軍にみる性管理と性暴力 資料集 日本軍にみる性管理と性暴力 フィリピン1941〜45年

戦地性暴力を調査する会編

2008年8月刊 A5判 252頁 梨の木舎 (5%)税込\5040 (本体\4800)


スータンを縫いながら

スータンを縫いながら 日本占領期を生きたフィリピン女性の回想

ペラジア V.ソリヴェン著 後藤優訳

2007年1月 46判 256頁 段々社 (5%)税込:\1785 (本体:\1700)


物語 マニラの歴史 物語 マニラの歴史

ニック・ホアキン著 宮本靖介監訳 橋本信彦、澤田公伸訳

2005年12月刊 A5判 456頁 明石書店 (5%)税込:\6090 (本体:\5800)


フィリピン歴史研究と植民地言説 フィリピン歴史研究と植民地言説

レイナルド・C・イレート、 ビセンテ・L・ラファエル、フロロ・C・キブイェン著 永野善子編・監訳

2004年8月刊 46判 394頁 めこん (5%)税込:\2940 (本体:\2800)


ルソン海軍設営隊戦記
岩崎敏夫著
2002年6月刊 46判 217頁 光人社 1,700円
太平洋戦争末期、フィリピンに設営隊員として徴用された人たち ― トロッコ、つるはし、ショベル等で密林を切り開き基地建設に当たった設営隊の苦闘。指揮系統は崩壊し、マラリアに冒され、ゲリラに襲撃されて空しく死んでいった彼らを悼む記録。 

激闘レイテ沖海戦 提督ブル・ハルゼーと栗田健男
江戸雄介著
2002年2月刊 文庫判 232頁 光人社 590円
国家の存亡を賭けて対峙した日米両艦隊はいかに戦ったのか。日米両軍の動きを対比させながら描く。『夕日のレイテ沖』(1993年光人社刊)を改題。 

マニラへ渡った瀬戸内漁民 移民送出母村の変容
武田尚子著
2002年2月刊 A5判 425頁 御茶の水書房 8,700円
明治期から昭和戦前期の40数年間にわたって、マニラへ漁業移民を送出した母村の社会構造の変容過程を実証的に分析。階層構造の変動と、母村の空間構成や文化体系の再編成の過程が連関している様相を解き明かす。 

バタン漂流記 神力丸巴丹漂流記を追って
臼井洋輔著
2001年9月刊 46判 464頁 叢文社 2,800円
江戸末期、黒潮に押し流されフィリピンに漂着した岡山藩神力丸の船乗りたちの漂流記録と出会った著者は、漂流民の跡をたどり追体験の旅に―。そこには古代日本の謎、開国前夜の東アジアの様子を探る手がかりが限りなく遺されていた。 

レイテ沖海戦
半藤一利著
2001年9月  文庫判 509頁 PHP研究所 743円
1944年10月に戦われた、史上最大の海戦「レイテ沖海戦」の顛末を描く戦記ドキュメント。

日本の戦歴 フィリピン決戦 山下奉文とマッカーサー
村尾国士著
2001年9月  文庫判 293頁  学習研究社 600円
昭和19年後半以降、終戦に至るまでのフィリピン戦をその主作戦を中心にたどる。

レイテ決戦
樋口晴彦著
2001年1月 46判 197頁 光人社 1,700円
なぜ日本陸海軍は惨敗を喫し、崩壊したのか。

黄金伝説 旧日本軍がフィリピンに隠匿した財宝の真実
生江有二著 
2000年12月 文庫判 414頁 幻冬舎 686円 
第二次大戦末期、50万人もの日本軍兵士の命が消えたフィリピンの飢餓戦場に持ち込まれたという大量の財宝を探そうとする人々は50年以上経った現在も数知れない。経済的貧困に苦しむ熱帯雨林の島に広がる<黄金伝説>の正体を解き明かす。『山下財宝』(95年文藝春秋)を改題

敵中漂流
デイモン・ゴーズ著 佐々田雅子訳 
2000年8月 文庫判 264頁 新潮社 552円
「バターン死の行進」からの脱走に成功した著者は、その後木造漁船を駆ってオーストラリアに向かった。敵兵と鮫をかわし、自由の大地を目指す炎熱の5000キロを綴った魂の手記。

ぼくの比島戦記 若き学徒兵の太平洋戦争
山田正巳著
2000年6月 46判 287頁 元就出版社 1,905円
敗色濃いルソン戦線に投じられた一学徒士官が自らの過酷な原体験をあるがままに描き出す。

物語・日本人の占領  
津野海太郎著
99年11月 文庫判 304頁 平凡社 1,100円

レイテ沖海戦  
半藤一利著
99年11月 46判 414頁 PHP研究所 1,700円
栗田艦隊は、なぜ反転したか。神風特攻は、いかにして始まったか。連合艦隊の謎に挑むドキュメント。

もうひとつのレイテ戦  日本軍に捕らえられた少女の日記
レメディアス・フェリアス著 竹見智恵子監修 澤田公伸・日本語訳 
ブカンブコン発行 木犀社発売 B5小判 67頁 1,200円

ルソンの砲弾  第八師団玉砕戦記
河合武郎著 
光人社 文庫 301頁 667円 

わが心のフィリピン 戦友への愛しみ  
西尾忍著
98年10月 46判 146頁 日本図書刊行会発行 近代文芸社発売 1,200円

戦場から妻への絵手紙 前田美千雄追悼画文集 
高澤絹子編 
98年7月 変型判 67頁 講談社 1,500円

 

ホームへ