ザ・フィリピン妻 雇われ店長が溺れたディープすぎる世界

福沢 諭 著

2004年2月刊 46判 400頁 情報センター出版局 注文いただけません。

「私たちの赤ちゃんができたのよ…」という、一人のフィリピーナから一通の手紙からすべては始まった。日本人の妻がありながら、26歳年下のフィリピーナの妻と息子のジャピーノもいる生活。元フィリピンパブの店長が克明に綴る二重生活の一部始終。

著者のフィリピンパブ店長としての体験談は、『ザ・フィリピンパブ』、『ザ・フィリピンパブ  嘘』に書かれている。
マニラどつかれ路地裏紀行』、『フィリピン憤激ひとり旅』は、著者が別のペンネームで書いたフィリピン紀行。

 

ホーム