ポスト・エドサ期のフィリピン (研究双書544)

川中 豪編

2005年9月刊 A5判 246頁 アジア経済研究所 (5%)税込:\2940 (本体:\2800)

フィリピンの民主化後の約20年はどう評価されるか、民主主義の定着と自由主義的経済改革の相互関係を軸に読み解く。

【主要目次】
序論 川中豪
 第1節 研究の背景と目的
 第2節 本書の構成
第1章 ポスト・エドサ期のフィリピン−民主主義の定着と自由主義的経済改革−  川中豪
 第1節 民主主義の定着と自由主義的経済改革
 第2節 ポスト・エドサ期のフィリピン
第2章 民営化―「小さな政府」のコスト− 鈴木有理佳
 第1節 経緯と進捗状況
 第2節 進展した要因
 第3節 民営化の特徴−公益事業を中心に−
第3章 金融・銀行業の安定化−構造・政策の変化とその要因分析− 美甘信吾
 第1節 ポスト・エドサ期のフィリピン金融・銀行業
 第2節 金融・銀行政策形成に影響を及ぼすアクター
 第3節 マルコス政権下での金融危機
 第4節 アキノ政権期の金融・銀行業−危機からの回復−
 第5節 ラモス政権期の金融・銀行業−改革と成長−
 第6節 エストラーダ・アロヨ政権期の金融・銀行業−通貨危機後の長引く停滞−
第4章 司法の役割−民主主義と経済改革のはざまで− 知花いづみ
 第1節 ポスト・エドサ期の司法の特徴
 第2節 積極的な司法を生み出す要因
第5章 未完の社会改革−民主化と自由化の対抗 太田和宏
 第1節 労使関係
 第2節 農地改革
 第3節 貧困対策
付録1 年表(1986年2月〜2003年12月)
付録2 主要法令一覧
索引

 

ご注文

ホーム