奥さまはフィリピーナ

今藤元著

2004年9月刊 文庫判 192頁 採図社 (5%)税込:\580 (本体:\552)

表紙を見て、際物かと思わせるが、フィリピン人女性と結婚した著者が、「1年に365回の離婚の危機を乗り越えてきた」という18年間の結婚生活をユーモアをまじえて語る。妻との数々の葛藤は、日比文化摩擦として読んでも秀逸。

【主要目次】
1章 フィリピーナと結婚するということ
 初日から泥酔の新人ホステス
 九九ができない?
 命がけのランナウェイ
 ほか
2章 出稼ぎの誤解と現実
 貧乏ってどういうことかわかる?
 貧乏だから出稼ぎに来るの?
 仕送りが生むトラブル
 ほか
3章 愛に国境はないと言うけれど
 一体何が異なるのか
 「言葉が違う」とはどういうことか
 あるがままの姿を受け入れる?
 ほか

 

ご注文

ホーム