漂海民バジャウの物語 人類学者が暮らしたフィリピン・スールー諸島

H・アルロ・ニモ著 西重人訳

2001年7月刊 46判 320頁 現代書館 2,800円

漂海民バジャウの物語

1960年代、著者はフィリピン南部のスールー諸島で、海洋漂泊民バジャウについて本格的なフィールド調査を行った。本書は、その時の個人的な体験を交えてこの物語を著した。

【目次】
日本語版への序文
序文
1 スールー
2 マーサの妻
3 サイタン
4 少年バンサ
5 ラム
6 思い掛けない収入源
7 モンスーンの夜
8 憑依
9 サランダの歌
10 マニラのマイク
11 サンボアンガの休日
12 目立つディケンズ夫人
13 それぞれの神へ
14 陽光に包まれた死
15 アマック
16 スールー
訳者あとがき

 

ホーム