バターン 遠い道のりのさきに (教科書に書かれなかった戦争 Part43)

レスター・I.テニー著 伊吹由歌子、奥田愛子、柳由美子、古庄信訳

2003年3月刊 A5判 328頁 梨の木舎 2,700円

第二次大戦の日本帝国陸軍捕虜として、「バターン死の行進」を生き抜き、大牟田収容所での強制労働に耐え、3年半を生き延びた元アメリカ人兵士が、その間の逆境への対処の仕方、征服者である敵を憎む本能の克服を語る。

【主要目次】
B中隊との兵役
奇襲
バターン陥落
行進
最初の収容所
ゲリラとの生活
バターンへもどって―労働へ
カバナチュアン
悪夢の船
炭坑
第17収容所
楽しみとゲーム
〔ほか〕

 

ご注文

ホーム