ネパール

アジア文庫

 

ネパール こんなとき何て言う? ネパール こんなとき何て言う?

山岸美江、クリシュナ・プラサド・パウデル著

2008年6月刊 A5判 208頁 連合出版 (5%)税込\1890 (本体\1800)


南アジア (講座 世界の先住民族―ファースト・ピープルズの現在 03) 南アジア (講座 世界の先住民族―ファースト・ピープルズの現在 03)

綾部恒雄監修、金基淑編

2008年3月刊 A5判 352頁 明石書店 (5%)税込\5040 (本体\4800)

ネパールの政治と人権 ネパールの政治と人権 王政と民主主義のはざまで

マンジュシュリ・タパ著 萩原律子、河村真宏監訳

2006年2月刊 46判 368頁 明石書店 (5%)税込:\4200 (本体:\4000)


ヒマラヤに花を追う ヒマラヤに花を追う 秘境ムスタンの植物

大場秀章、五百川裕著 緑育成財団監修

2005年1月刊 A5判 256 緑育成財団発行 八坂書房発売 (5%)税込:\1890 (本体:\1800)


ネパールに生きる ネパールに生きる 揺れる王国の人びと

八木澤高明著

2004年12月刊 A5変型判 292頁 新泉社 (5%)税込:\2415 (本体:\2300)


ネパール縦断紀行 ネパール縦断紀行 ナマステバンドとともに

根深誠著

2004年10月刊 46判 264頁 七つ森書館 (5%)税込:\1995 (本体:\1900)


話せる ネワール語会話 話せる ネワール語会話 (ネパールの民族語)

寺西芳輝著

2004年3月刊 A5判 158頁 国際語学社 2,200円


ネパール全史 ネパール全史

佐伯和彦著

2003年9月刊 46判 776頁 明石書店 8,800円

ヒマラヤ巡礼[新装復刊] 
デイヴィッド・スネルグローヴ著 吉永定雄訳
2002年10月 46判 368頁 白水社 2,900円
英国の仏教学の碩学がネパール西部のチベット人居住区を探索・記録した紀行。仏像や壁画、最奥トルボ地方の記述など。新装復刊。

NHKスペシャル アジア古都物語 カトマンズ 女神への祈り
NHK「アジア古都物語」プロジェクト編
2002年9月 46判 203頁 日本放送出版協会 1,400円
女神が生きる、ヒマラヤに抱かれたネパールの古都。

[デジタル写真画集]ネパール王国 人々の暮らしから
林喜一著
2002年4月刊 B5判 112頁 幹書房 2,857円
デジタル写真画でネパールを夢の国として表現した作品集。

ネパール、ビャンスおよび周辺地域における儀礼と社会範疇に関する民族誌的研究 もうひとつの<近代>の布置
名和克郎著
2002年2月 A5判 453頁 三元社 6,000円
ネパール王国極西部Darchula郡のヒマラヤ地域に位置するByans地方およびその周辺に住む人々についての、儀礼と社会範疇を焦点とした文化人類学的な民族誌。

旅の指さし会話帳25 ネパール
野津治仁著
2002年2月刊 A5判 128頁 情報センター出版局 1,800円
ぶっつけ本番で会話ができる!厳選の使える言葉を3000語以上収録。

ヒマラヤ超大型カメラ人情撮影紀行
内野克美著
2002年2月刊 46判 243頁 講談社 1,900円
超大型カメラ8x10でエベレストを撮る。夢をかなえた写真家が地元の人々と織りなす交流記。

ナマステの国の神々 ネパールの赤い世界
川口敏彦著
2001年10月刊 A5判 193頁 叢文社 1,800円
ネパールのカトマンドゥ盆地では、神に対する人々の信仰は赤の色で表現される。ありきたりの生活、ありきたりの日常の中に神々が住む、カトマンドゥ盆地の赤の世界を旅したフォトエッセイ。

OKハジ 村人の魂に魅せられ、ネパールの山奥に住みついたひとりの日本人 
垣見一雅著
2001年10月刊 46判 282頁 サンパティック・カフェ発行 星雲社発売 1,800円
1993年より単身ネパール・パルバ県ジャルパ郡ドリムラ村に住み、支援活動を行っている著者の、村での生活記。

カラー版 トレッキング in ヒマラヤ
向一陽、向晶子著
2001年8月 新書判 269頁 中央公論新社 980円
定年記念にヒマラヤのトレッキングに出かけた夫婦。数々の名峰を眺めながらのエベレスト街道、アンナプルナの峠、花々の咲く村等を旅しながら現地の人たちとも交流できた。

スルジェ ネパールと日本で生きた女性 
平尾和雄著
2001 年 5 月  46 判 256頁  旅行人  2,000 円
元「スルジェ館」主人が描く、ネパール人女性スルジェとの出会いと死別、その鮮烈な物語。

パタンの空より ネパール滞在日記 
佐野由美・絵・文 
2001年4月 A5判 224頁  シーズ・プランニング発行 星雲社発売 2,000円
1998年4月よりNGOの長期先生派遣事業に参加。1年間ネパール、パタンで小学校の美術の指導を行う。99年、帰国直前に交通事故に巻き込まれ逝去。本書は、著者がネパールに滞在中に綴っていた日記とスケッチからまとめられたもの。

ムスタン 曼荼羅の旅
松井亮・写真 奥山直司・写真 
2001年1月 46判 256頁 中央公論新社 2,800円
ネパール最奥の地、仏教王国ムスタン。この「ヒマラヤ最後の禁断の王国」の魅力と自然との融和の中に生きる人々を、101点のカラー写真とともに紹介。

途上国へ学校を贈ろう 山の学校の取り組み
田中信孝著
2000年10月 46判 157頁 潮出版社 1,238円
熊本県人吉市の中学校のPTAが廃品回収などでお金を集め、ネパールへ学校を贈る運動を推進した体験記。

ネパールを知るための60章 
(社)日本ネパール協会編
2000年9月 46判 265頁 明石書店 2,000円
1990年の市民革命以降、新憲法の制定と民主化が進められるネパールはどのように変わっていくのか、あるいは変わらないでいるのかを、マクロ・ミクロの視点で読み解く。

ネパール 微笑みの風
萩野矢慶記・写真集 萩野矢慶記著 
2000年7月 A5判 159頁 東方出版 2,800円
中世と現代が共存する祈りの国ネパールの、風土と歴史と人々の営みの美しい調和。

OLときどきネパール人 
瀬尾里枝著 
2000年7月 文庫判 241頁 光文社 495円
日本では日々忙しい会社員、そして時々ネパール人に変身。様々な人との交流を通して自分の居場所を求める、働く女性のひと味違う贅沢な旅。

フォトエッセー 道の記ネパール 
宮原寧子著 
2000年7月 A4大判 94頁 河出書房新社 2,850円 
ヒマラヤの青い空の下へおおらかな心と神々への感謝と懐かしい不思議な感情との出会いを求めて。心の安らぎを撮す紀行写真集。

夢に生きる 秘境ムスタンに黄金の稲穂を 
近藤亨著 
2000年6月 46判 206頁 講談社 1,800円
齢79、生命を秘境の民に捧げる孤高技術者。妻子と別れ、私財を投じて向った不毛の台地ムスタンで農業に命をかける凄絶なボランティア精神。

彼方の山へ 
谷甲州著 
2000年6月 文庫判 211頁 中央公論新社 648円
学生時代、里歩きから始めた著者は素人同然の技量で冬山に挑戦。やがて青年海外協力隊員としてネパールに渡ったことをきっかけにヒマラヤ・クン峰に登頂する・・・。気鋭の冒険小説作家が自ら綴る青春登山記。

ネパール ヒマラヤの環境誌 山岳地域の自然とシェルパの世界  
山本紀夫、稲村哲也編著
2000年4月 A5判 351頁 八坂書房 4,500円
標高2700-4000mにものぼる高地で農耕を営み家畜を飼うシェルパ族の暮らしを追いながらヒマラヤ山地の自然を描き、高度差をたくみに利用して生きる人々の世界をつづる。

王国を揺るがした60日 1050人の証言・ネパール民主化闘争
小倉清子著
99年10月 46判 407頁 亜紀書房 2,800円

ナマステ・ネパール  感動!学校づくりの旅   
酒井大岳著
99年9月 A5判 196頁 光雲社発行 星雲社発売 1,600円

海外職業訓練ハンドブック ネパール
高山一義編著 
99年3月 A5判 193頁  (財)海外職業訓練協会 1,500円 

写真集 雲上の神々 ムスタン・ドルパ
小松健一著 
99年2月 B4小判 191頁 冬青社 9,500円

シェルパ  ヒマラヤの栄光と死  
根深誠著
98年9月 A5判 278頁 山と溪谷社 1,700円

ヒマラヤの民話を訪ねて
茂市久美子著 
46判 251頁 白水社 2,200円

海外トレッキングガイド・シリーズ ネパール・ヒマラヤ Vol.1 エベレスト・トレッキング(ビデオ50分)
山と溪谷社編・刊 3,600円

海外トレッキングガイド・シリーズ ネパール・ヒマラヤ Vol.2 アンナプルナ・トレッキング(ビデオ50分)
山と溪谷社編・刊 3,600円

海外トレッキングガイド・シリーズ ネパール・ヒマラヤ Vol.3 ランタン・トレッキング(ビデオ50分)
山と溪谷社編・刊 3,600円

WANDERING KATHMANDU ネパール・カトマンドゥの都市ガイド
宮脇壇、中山繁信編 栗原宏光・写真 
A5判 239頁 建築知識 1,800円

 

ホームへ