旅行記でめぐる世界

前川健一著

2003年2月刊 新書判 256頁 文藝春秋 720円

戦後、海外旅行が自由にできなかった時代から、海外旅行自由化を経て、バックパッカ―全盛の今日まで、さまざまな旅行記を読み解くことで、日本人の海外旅行の変遷をたどる。
1970年代初めから、アジアを中心に世界を旅してきた著者は、また無類の読書家でもあります。旅と本、著者の真骨頂です。

【主要目次】
第1章 海外旅行自由化以前の旅
 1 特派員の再訪
 2 有名人の旅
 3 探検・冒険の本
第2章 海外旅行自由化の始まり
 1 若者の旅
 2 添乗員の旅
 3 ノンフィクション賞の旅
 4 ベトナム
第3章 研究と仕事の旅
 1 言葉の旅
 2 タイの農村で
 3 駐在員の海外滞在
 4 妻たちの海外
第4章 アジアへ、アフリカへ
 1 トイレを探る
 2 アフリカの旅
 3 インドの旅
 4 女は滞在する
第5章 70年代以降の旅行本ブーム
 1 再生の旅
 2 憧れの西洋
 3 『深夜特急』とその時代
 4 雑学の旅
あとがき
旅行記年表
 

アジア雑語林」 前川健一さんの、当サイトのための書き下ろしコラム。

前川健一 著作一覧

ご注文

ホーム