マレー鉄道で朝食をU 半島マレーシア紀行

伊藤伸平著

2001年5月刊 46判 216頁 凱風社 1,600円

【目次】
ビーチホテルの一室で プロローグ
シンガポールからの旅立ち ●シンガポール〜バトゥ・パハ
新旧日本人クラブ ●バトゥ・パハ
ムルデカ! ●マラッカ
無秩序という秩序 ●クアラルンプール
幻のモスク ●シャー・アラム
地面のない島 ●クタム島
マレー鉄道で朝食を ●マレー鉄道
お茶とドリアンの高原 ●キャメロン・ハイランド
錫の町 ●イポー
地の猥雑と頂の園 ●ペナン島
タイヘ向かう鉄道の旅 ●ペナン島〜ハジャイ
三等列車で再びマレーシアヘ ●ハジャイ〜クアラベスット
静かな島の団体旅行者 ●プルフンティアン島
1941年の足跡 ●コタバル
夜のジャングルウォーク ●タマン・ヌガラ
ジャングル・トレイン ●ジェラントゥット〜グマス
海峡のこっちと向こう ●ジョホール・バル
2001年3月・東京で エピローグ

 

ホーム