チャイニーズ・ジレンマ 多民族国家マレーシアのアファーマティブ・アクション

イエ・リンシェン著 朝倉和子訳

2006年11月刊 46判 240頁 明石書店 (5%)税込:\2940 (本体:\2800)

多文化国家マレーシアにおいて、人種差別主義だと世界から批判を受ける積極的差別措置の新経済政策。中国系マレーシア人であるにもかかわらず、著者はその政策の功罪を主張し、マレー人は勝者、中国人は犠牲者という図式に異議を唱えて論議を呼んだ問題作。

【主要目次】
第1章 はじめに―『マレー・ジレンマ』
第2章 政治背景
第3章 不和の種
第4章 ふたたび『マレー・ジレンマ』
第5章 中国人の不満
第6章 アメリカン・ジレンマ
第7章 アファーマティブ・アクション―アメリカとマレーシア
第8章 アファーマティブ・アクションへの批判
第9章 移民中国人社会
第10章 醜いチャイナマン
第11章 マイノリティーの経験を比較する
第12章 文化をまたぐ
第13章 バランスをみつける
第14章 新経済政策(NEP)を見直す
第15章 未来をみつめて

 

ご注文

ホーム