韓国・朝鮮

社会・文化・教育

アジア文庫

 


青鶴 存在する夢 cheonghak_dong 青鶴 存在する夢 柳銀珪写真集

柳銀珪(リュ・ウンギュ) 著

2007年5月刊 B5判  WOW Image (韓国ソウル)\4200品切れ



韓国における日本語教育 韓国における日本語教育

纓坂英子 編著

2007年2月刊 A5判 184頁 三元社 (5%)税込:\2520 (本体:\2400)


世界のコリアン 世界のコリアン (アジア遊学 92)

勉誠出版編集部 編

2006年10月刊 A5判 200頁 勉誠出版 (5%)税込:\1890 (本体:\1800)


韓国野球の源流 韓国野球の源流 玄界灘のフィールド・オブ・ドリームス

大島裕史著

2006年10月刊 46判 352頁 新幹社 (5%)税込:\2100 (本体:\2000)


現代韓国と女性 現代韓国と女性

春木育美著

2006年7月刊 46判 224頁 新幹社 (5%)税込:\2100 (本体:\2000)


手の大きいお嫁さん 手の大きいお嫁さん 私の韓国語小辞典

戸田郁子著

2006年6月刊 46判 280頁 アートン (5%)税込:\1575 (本体:\1500)


チマ・チョゴリ制服の民族誌 チマ・チョゴリ制服の民族誌(エスノグラフィー) その誕生と朝鮮学校の女性たち

韓 東賢 著

2006年6月刊 46判 242頁 双風舎 (5%)税込:\2310 (本体:\2200)


コリアン三国誌 コリアン三国誌 列島・半島・大陸の隣人たち

綛谷智雄著

2006年4月刊 46判 256頁 新幹社 (5%)税込:\1890 (本体:\1800)


現代韓国社会を知るためのハンドブック 現代韓国社会を知るためのハンドブック

韓均子編著 舘野皙訳

2006年4月刊 46判 612頁 明石書店 (5%)税込:\5040 (本体:\4800)


日韓交流授業と社会科教育 日韓交流授業と社会科教育

谷川彰英編著

2005年8月刊 A5判 328頁 明石書店 (5%)税込:\2625 (本体:\2500)


焼肉横丁を行く 焼肉横丁を行く コリアン・タウンのディープな歩き方

辛路地裏探検隊著

2005年7月刊 A5判 168頁 彩流社 (5%)税込:\1785 (本体:\1700)


在日コリアン文化と日本の国際化 在日コリアン文化と日本の国際化 より開かれた出会いを求めて

王清一編

2005年6月刊 A5判 772頁 新幹社 (5%)税込:\15750 (本体:\15000)


中国朝鮮族への旅 中国朝鮮族への旅 中朝国境の河、鴨緑江・豆満江北岸紀行

滝沢秀樹著

2005年4月刊 A5判 246頁 御茶の水書房 (5%)税込:\2730 (本体:\2600)


パッチギ!対談篇 パッチギ!対談篇 喧嘩、映画、家族、そして韓国

李鳳宇著、四方田犬彦 著

2005年4月刊 46判 304頁 朝日新聞社 (5%)税込:\1365 (本体:\1300)


朝鮮民族を読み解く 朝鮮民族を読み解く 北と南に共通するもの (ちくま学芸文庫)

古田博司著

2003年3月刊 文庫判 240頁 筑摩書房 (5%)税込:\998 (本体:\950)


オーマイニュースの挑戦 オーマイニュースの挑戦  韓国「インターネット新聞」事始め

呉連鎬著 大畑竜次、大畑正姫訳

2005年4月刊 46判 264頁 太田出版 (5%)税込:\1890 (本体:\1800)


トーキング コリアンシネマ トーキング コリアンシネマ (現代世界読本)

石坂浩一著

2005年3月刊 46判 264頁 凱風社 (5%)税込:\1890 (本体:\1800)


映画「血と骨」の世界 映画「血と骨」の世界

崔洋一、鄭義信、梁石日編著

2004年12月刊 A5判 200頁 新幹社 (5%)税込:\1890 (本体:\1800)


焼肉の文化史 焼肉の文化史

佐々木道雄著

2004年7月刊 B6判 336頁 明石書店 (5%)税込:\2940 (本体:\2800)


韓国陸軍、オレの912日

韓国陸軍、オレの912日 いま隣にある徴兵制 

チュ・チュンヨン、中山茂大、水野あきら著

2004年6月刊 A5判 168頁 彩流社 (5%)税込:\1575 (本体:\1500)


箸とチョッカラク 箸とチョッカラク ことばと文化の日韓比較

任栄哲、井出里咲子著

2004年4月刊 46判 276頁 大修館書店 (5%)税込:\1890 (本体:\1800)


韓国で働く 韓国で働く (海外へ飛び出す3)

笹部佳子著

2004年3月刊 46判 272頁 めこん 1,500円


韓国の教科書を読む 韓国の教科書を読む

斎藤里美 編著・監訳 李渭京、嚴浩心、加藤周治、金興重 訳

2003年8月刊 A5判 408頁 明石書店 3,000円


韓国の若者を知りたい 韓国の若者を知りたい (岩波ジュニア新書)

水野俊平著

2003年5月刊 新書判 214頁 岩波書店 780円


「もの」から見た朝鮮民俗文化 「もの」から見た朝鮮民俗文化

朝倉敏夫編

2003年3月刊 A5判 226頁 新幹社 2,000円


食べまくり韓食韓菜大全
西川治著
2002年9月刊 A5判 224頁 東京書籍 1,800円
韓国を巡り、韓国料理の歪みのない健康料理を食べてきた著者が語る韓国食文化。肉、魚介、野菜を駆使した韓国料理を紹介する。

ある北朝鮮政治工作員の告白
金東起著 韓幸子訳
2002年9月刊 46判 205頁 河出書房新社 2,000円
著者は、1966年、統一事業を任務として南下、慶尚南道でスパイとして逮捕された。33年間の獄中生活と、出所後、北へ帰るまでの1年半の南の人々との触れ合いを記録した非転向・信念の現代史。

海峡を渡るバイオリン
陳昌鉉・語り 鬼塚忠、岡山徹・聞き書き
2002年9月刊 46判 340頁 河出書房新社 1,800円
在日韓国人の、バイオリン作りの名人の半生。

コリア!38度線を越えたゴール
金丸知好著
2002年8月刊 46判 191頁 現代企画室 1,300円
2002年6月、サッカーW杯での韓国・大田市スタジアム。レッドデビルの赤一色の席に浮かび上がった白文字「AGAIN 1966」が意味するものは?サッカーを通して、朝鮮半島の過去・現在・未来をみつめる。


在日として被爆者として ある民族教師の生涯
朱碩著
2002年8月刊 46判 232頁 朱碩先生「自分史」編集委員会 1,000円
在日朝鮮人被爆者である朝鮮学校教師の自分史。

北朝鮮難民
石丸次郎著
2002年8月刊 新書判 201頁 講談社 660円
中国東北部などに潜む膨大な難民たち。潜伏生活、難民花嫁、強制送還、支援組織、亡命ルート等、長期間の取材で分かった悲劇の全貌。

馬を食べる日本人 犬を食べる韓国人
鄭銀淑著
2002年8月刊 新書判 252頁 双葉社 819円
「収入を選ぶ日本人、世間体を選ぶ韓国人」「韓国人はなぜ自転車に乗らないのか」など、日韓の生活、文化、社会の違いについてつづる。

ソウルファイター 韓国ハチャメチャ滞在絵日記
木村彩日香著
2002年8月刊 A5判 222頁 光人社 1,300円
韓国での漫画家デビューを夢見て日本を飛び出した著者が韓国生活と仕事を絵日記風に描く。

「親日」と「反日」の文化人類学
崔吉城著
2002年8月刊 46判 275頁 明石書店 3,300円
建築物、鉄道、制度、文化、遊び…植民地時代の遺産をどのように清算し、継承すればよいのか。農村の近代化政策、宗教とナショナリズム、文化遺産の保護と国民意識の形成など、文化人類学の視点から現代韓国の様々な文化現象を読み解く。

北のサラムたち 日本人ジャーナリストが見た、北朝鮮難民の“真実”
石丸次郎著
2002年8月刊 46判 285頁 インフォバーン 1,500円
瀋陽・日本総領事館駆け込み事件の北朝鮮難民一家を1年以上前から追っていたジャーナリストによるルポルタージュ。

韓国N世代白書 金相美著
2002年7月刊 46判 263頁 トラベルジャーナル 1,500円
著者自身の生き方や思いをそのまま表すことで、“普通”の韓国人の姿を日本人に伝えようというエッセイ。

韓国を歩く
須川英コ編
2002年7月刊 46判 251頁 勉誠出版 2,700円
土地に刻まれた人々の思いと暮らし、日韓の研究者たちの目に映った地域のたたずまいとソウルの街並―ガイドブックではわからない、韓国の様々な姿を伝える。

いつまでも田宮高麿とともに
森順子著
2002年7月刊 46判 223頁 鹿砦社 1,400円
1970年の「よど号」ハイジャックの主犯・田宮高麿の妻による手記。その後のハイジャック犯らの人生とは。

謝罪します
八尾恵著
2002年6月刊 46判 341頁 文藝春秋 1,600円
「私が有本恵子さんを誘拐しました」。「よど号」グループの元“妻”が、北朝鮮での生活、金日成との出会い、ヨーロッパでの誘拐工作などを語る。

少年Mのイムジン河
松山猛著
2002年6月刊 46判 71頁 木楽舎 952円
レコード発売前日に政治的配慮から急遽発売中止となって以来、現在まで陽の目を見ることのなかった『イムジン河』。日本語の歌詞を作った著者が、その背景に葬られたドラマを語る。

脱北者
韓元彩著 李山河訳
2002年6月刊 文庫判 286頁 晩聲社 1,200円
政治的抑圧と飢餓から逃れるため命がけで国境を越える脱北者。奇跡的に3度の脱北をした著者がその体験を元に語る北朝鮮の実態。

コリアン・スタイル 隣国の隣人から見えること、学べること 
鷺沢萠ほか天空企画編
2002年6月刊 文庫判 301頁 光文社 743円
「食」「ファッション」「韓国ロックと映画界」から「儒教の力」まで、韓国に暮らすごく普通の人々の生活を追うことで「韓国の体温」を紹介。知っておきたい隣国のオリジナルな文化や風習がわかるガイドブック。

とても大切な愛  イ・ヨンエ著 金暎姫、加藤泉訳
2002年6月刊 A5判 190頁 二見書房 1,500円
韓国映画「JSA」の主演で知られる韓国のトップ女優・李英愛のエッセイ。ソウルのごく普通の家庭に育った女の子が、幼年期、思春期を経て女優になるまでの青春記。

熱・情・ソウルのキーワード
亜洲奈みづほ著
2002年6月刊 46判 211頁 凱風社 1,300円
「チジミ」「コチュジャン」「韓国映画」「Kポップ」「オンドル」「女子大生」など、ソウルの魅力を100のキーワードで紹介。

お笑い日韓決別宣言
テリー伊藤、リュウ・ヒジュン、金文学著
2002年6月刊 文庫判 224頁 実業之日本社 1,300円
日本人は本当に韓国人と付き合いたいと思っているんだろうか?、ここがヘンだよ韓国人、等々、日本人と韓国人の対論集。

シナブロ 若い韓国を知る本 
アン・ヨンヒ著
2002年6月刊 46判 221頁 小学館 1,300円
韓国の援助交際、禁煙、卒業式、チング(友達)と386世代、アカスリ、HOT、韓国の片思い、大統領学、9・11、原子爆弾酒と水素爆弾酒、『ラブジェネ』盗作騒動…等、日本にまで伝わらない韓国の情報を紹介。

盧廷潤「裏切り者と呼ばれて」
刈部謙一著
2002年6月刊 46判 205頁 河出書房新社 1,500円 品切れ
韓国人として、Jリーガーとして戦い続ける盧廷潤の真の「価値」とは何か?

いま韓国人は何を考えているのか
豊田有恒著
2002年6月刊 新書判 205頁 青春出版社 667円
好きだけど嫌い―屈折する日本人の心情。違いすぎる両国に本物の友好は築けるのか。

北朝鮮に拉致された男 30年間のわが体験記
李在根著 河合聰訳
2002年6月刊 46判 277頁 河出書房新社 1,600円
なぜ拉致されたのか?拉致された後、どう生きたのか?拉致された韓国人が、30年にもわたって北朝鮮の苛酷な現実を生きのび、脱出・生還した実録。

誰も言わなかった韓国人のホンネの裏側 あの烈しさの本当の理由がわかる!
高信太郎著
2002年6月刊 新書判 203頁 青春出版社 850円
韓国人はどのくらい日本人を好きになったのか。W杯、日本文化の開放など、友好ムードが拡がる中、韓国人の日本人に対する気分はどう変わったか。綺麗事ではないホンネの日韓論を語る。

労働組合リーダー論
金錦守著 中村猛訳
2002年5月刊 46判 196頁 明石書店 2,000円
労組幹部が労働運動の前進のために、苦難を押しのけ、困難を克服していくのに役立てたいという願いから書かれた労組幹部活動論。


コリアンサッカーブルース
藤井誠二著
2002年5月刊 46判 191頁 アートン 1,100円
決して声高に語られることのなかった在日コリアンサッカーの軌跡から、W杯日韓「共催」の意味を問う。

コリアン・ジャパニーズ
池東旭著
2002年5月刊 新書大判 202頁 角川書店 648円
誰も指摘しなかった「脱・在日コリアンのすすめ」を提言し、在日コリアンのこれからのありようを模索する。『在日をやめなさい―70万人の優秀なマイノリティに告ぐ』(97年ザ・マサダ)を書き改め、改題。

韓国ナマ中継
鈴木宙明著
2002年5月刊 46判 238頁 講談社 1,400円
珍味「モンモン湯」の味わい/鄭、全、丁、田、程、銭。みんな「チョン」さん/CMのコワイ美女がこっちを向いて笑うわけなど、コピーライターのソウル便り。

海外コリアン パワーの源泉に迫る 
朴三石著
2002年5月刊 新書判 242頁 中央公論新社 780円
海外のコリアンはいまや150ヵ国、600万人に及ぶ。自ら事業を興したり、医師や弁護士など専門職につく者も多い。コリアンが海外に進出して150年、彼らはなぜ短期間に拡がり、根づき、確たる地歩を占めるに至ったのか?その歴史と生活をたずね、パワーの源に迫る。

韓国社会意識粗描 現代韓国人と社会
水野邦彦著
2002年4月刊 46判 186頁 花伝社 2,000円
近代化の急速な進展のなかにあっても、強固な家族意識に深く組みこまれた現代韓国の人々の意識構造を探る。


韓国社会とジェンダー (韓国の学術と文化10)
趙惠貞著 春木育美訳
2002年4月刊 A5判 312頁 法政大学出版局 3,800円
韓国社会における男女の生きざまと家族のありようを人類学的視点から分析・検討し、男女の自立と共生をすすめることにより植民地的近代性の克服をめざす、韓国社会論。

恨半島 ある外交官の生き方
尹浩根著
2002年4月刊 46判 313頁 エネルギーフォーラム 1,800円
離散家族の悲哀、大国の狭間で揺れる分断国家の苦悩。北の難民から韓国の大使になった、一外交官の半生を綴る。

日韓「異文化交流」ウォッチング
石坂浩一編
2002年4月刊 46判 216頁 社会評論社 2,000円
韓国人は日本をどう眺めているのか?政治家や「日本ファン」の高校生の生の声、韓国側から見た近代史の争点、カルチャーを通してみた日本論の紹介、1945年以降の日本論の変遷など。

イルボン(日本)は好きですか? 韓国新世代からのメッセージ 
山田ゆかり著 原山カヲル写真
2002年4月刊 46判 224頁 朝日ソノラマ 1,600円
ごくふつうの女子高校生から性転換タレントまで、「脱儒教」の価値観で自由に生きる韓国の新世代のリアルな日本観を文章と写真でルポ。

日韓サッカー文化論
盧廷潤著 二宮清純監修
2002年4月刊 新書判 162頁 講談社 660円
韓国人として初のJリーガーとなった著者。サンフレッチェ広島からオランダリーグ、そして再びJリーグへ。開拓者として、国際人としてプレーする現役MFが見、体験した日本、韓国、そして世界のサッカーの現場。

在日コリアン権利宣言 (岩波ブックレットNo.566)
田中宏編
2002年4月刊 A5判 63頁 岩波書店 480円
在日コリアンに対する政策の根本的な転換を求めて、国籍の選択、戦後補償、地方参政権、雇用などについて包括的な提言を行う。

海の彼方の国へ  日本をめざす韓国・済州島の女たち
呉 善花著
2002年4月刊 46判 264頁 PHP研究所 1,400円
済州島出身者の著者が、この島の女たちの働きぶり、生活を追った。

イルム(なまえ)―もえるいのち だれもが本名で暮らせる社会を
民族教育シリーズV民族教育ネットワーク編
2002年4月刊 A5判 150頁 みずのわ出版 1,400円
"本名(民族名)についてのQ&A"、"本名(民族名)を呼ぶこと・名のること"、"だれもが本名(民族名)で暮らせる社会を"、他。

2002年ソウルスタイル 李さん一家の素顔のくらし
国立民族学博物館編
2002年3月刊 A4判 120頁 千里文化財団 1,800円
国立民族学博物館で7月中旬まで開催されていた同名の特別展のカタログ。ソウルに住む李さん一家のくらしをまるごと再現。家具調度、衣類、冷蔵庫の中身から給与明細、成績表まで三千数百点を展示、あるがままのくらしを知る。

どうしてアナタは韓国に来たんですか? ソウル特派員の熱血1000日記
五味洋治著
2002年3月刊 46判 298頁 エクスナレッジ 1,400円
東京(中日)新聞ソウル特派員の韓国生活記。

韓国と日本、二つの祖国を生きる
河正雄著
2002年3月刊 46判 223頁 明石書店 2,000円
優れた美術品のコレクターとして知られ、光州ビエンナーレを支える在日韓国人実業家が、折にふれ韓国と日本、二つの祖国への思いを書き記したエッセイ集。

ケイコ・韓国奮闘記
西村桂子著
2002年3月刊 46判 269頁 草風館 1,600円
自社ビルを建てたい!タフな韓国人ビジネスマンに負けじと、今夜も真露を酌み交わし、トホホな恋に微笑む。ビジネスウーマン・ケイコの奮闘記。

韓国の社会福祉 
韓国社会科学研究所社会福祉研究室著 金永子編訳
2002年 3月 A5判 206頁 新幹社 2,000円
「韓国福祉制度の展開過程とその性格」「国民年金の政策的選択の特性と発展課題」「医療保険統合の成果と争点、そして未来」等。

日本は敵 JAPANは友 打倒日本を貫いた韓国サッカー恨の秘話 
朴景浩、金徳起著
2002年3月 46判 299頁 オークラ出版 1,429円
韓国と日本の100年以上に及ぶサッカーライバル史。韓国サッカー評論家金氏と元韓国代表朴氏の共著。

ドキドキ半島コリア探検 北も南も、ご飯がおいしい!人がいい! 
鄭銀淑著
2002年3月 文庫判 319頁 光文社 619円
政治的しがらみを離れ自由に歩く北朝鮮。辛味+酸味+発酵味、東アジアの知られざる食都を歩く全羅南道。廃坑の町に出現したカジノリゾートで小さなラスベガス体験をする江原道。朝鮮半島を南北にわたって旅する紀行。

知れば知るほど理解が深まる 「日本人と韓国人」なるほど事典 衣食住、言葉のニュアンスから人づきあいの習慣まで
コリアンワークス著
2002年1月 文庫判 253頁 PHP研究所 476円
「すぐに謝る日本人、謝らない韓国人」「ワリカンが多い日本人、一人が払う韓国人」など、文化や生活習慣の微妙な違いに注目。

日韓キックオフ伝説 ワールドカップ共催への長き道のり
大島裕史著 
2002年1月 文庫判 400頁 集英社 686円
'54年3月7日。日韓サッカーの宿命の対決はこの日から始まった―。隣国ライバルとの激突と交流の歴史を描く。

「在日」の言葉 
玄善允著
2002年1月 46判 234頁 同時代社 2,000円
在日朝鮮人として育った著者が、その後、出会った骨肉の言葉。その一つ一つに町かどの人々の意志を見、息づかいを聞く。「ザイニチ」「在日」「在日コリアン」と揺らぐ呼称の隙間に見えるものは何だろう?

韓国・朝鮮系中国人=朝鮮族 
韓景旭著
2001年12月 A5判 315頁 中国書店 6,400円
移住少数民族としての朝鮮族が、「改革開放」及びその後における韓国人との交流により伝統社会が大きく変わろうとしている中で、いかに自民族の発展と主流文化の受容という二つの課題を抱えながら存続の道を模索しているのか。

韓日社会組織の比較 
伊藤亞人、韓敬九編
2002年2月 A5判 315頁 慶應義塾大学出版会 3,400円
“組織と個人”という主題を中心に、集団主義的だといわれる韓国と日本における組織、集団、カテゴリーと個人の関係等を、家族と親族、地域組織、宗教、任意結社、企業など具体的な状況での現地調査経験を基に論ずる。

北朝鮮生活 カメラに映らない「北」の市民社会
チャン・キホン著 宮塚利雄訳
2002年2月 46判 254頁 イースト・プレス 1,400円
したたかに生きる北朝鮮の普通の人々の喜怒哀楽を描く。『北朝鮮普通の人々』('95年同社刊)を改題・新装。

私が朝鮮半島でしたこと 1928〜46年 架橋・農地改良・道路建設・鉄道工事 
松尾茂著
2002年1月 46判 198頁 草思社 1,600円
朝鮮人作業員とともに18年、心血を注いで取り組んだ土木工事の数々を振り返る。

北朝鮮送金疑惑 解明・日朝秘密資金ルート 
野村旗守著
2002年3月 文庫判 324頁 文藝春秋 600円
日本から北朝鮮へのカネはどのように作られ、運ばれるのか?総額1兆円を上回る朝銀への公的資金投入に警鐘を鳴らす。

中央アジア少数民族社会の変貌 カザフスタンの朝鮮人を中心に 
李愛俐娥著
2002年2月 A5判 239頁 昭和堂 6,000円
ソ連邦中央アジアにおける強制移住をうけた朝鮮人社会の現状と歴史に関する現地研究の報告書。

日韓大変 なぜ「過去離れ」できないのか 
黒田勝弘著
2001年12月 46判 230頁 徳間書店 1,500円
「謝罪と反省」を繰り返しても韓国の「反日」は終わらない―。したたかな隣国、韓国との新たな付き合い方を模索する。

わたしは歌の旅人 ノレナグネ 韓国の風に誘われて
戸田志香著
2001年12月 46判 216頁 梨の木舎 1,700円
韓国の歌との南太平洋での出会いから韓国留学へ、そして師オヒョンミョンとの出会い。多くの歌と人との出会いを韓国の音楽事情と共に紹介。

週刊朝日百科 世界100都市ここに行きたい 005 ソウル
朝日新聞社編
2001年12月 A4大判 32頁 朝日新聞社 533円

海峡を渡った妻たち
石川奈津子著
2001年12月 46判 215頁 同時代社 1,800円
夫に同行して海を渡った日本人妻たちも、在日として暮らす韓国人妻たちも、それぞれの地で老境を迎えた。民族を超えたヒューマン・ドキュメント。

日本のコリアン・ワールドが面白いほどわかる本 
康煕奉著
2001年11月 46判 190頁 中経出版発売 1,000円
「街」(歩く)、「食生活」(食べる)、「文化」(見る)、「暮らし」(暮らす)の4つをキーワードに、在日コリアンの世界を紹介する。

北朝鮮を知りすぎた医者 国境からの報告
ノルベルト・フォラツェン著 瀬木碧訳
2001年11月 46判 221頁 草思社 1,600円
『北朝鮮を知りすぎた医者』('01年同社刊)の続編。脱北難民たちから聞いた強制収容施設の惨状や、前著では語り尽くせなかった見聞など、さらに深く北朝鮮の内実に迫る。

韓国、ひき裂かれるコスモス
小倉紀藏著
2001年11月 46判 264頁 平凡社 2,400円 品切れ
'90年代末から大変貌する韓国を深層から照射するエッセイ。マクロ文化と日常のミクロ文化に通底する<儒教>的価値観とモラルを解説。

朝鮮学校ってどんなとこ?
ウリハッキョをつづる会著
2001年11月 46判 175頁 社会評論社 1,500円
日本敗戦後、寺子屋式の講習所から朝鮮人の学校づくりが始まった。苦難に満ちた学校の歴史、生徒はどのように学んでいるか、どういう教科書を使っているのか、保護者の活動は、などの「疑問」に、西東京の朝鮮学校に子どもを通わせているオモニたちが答える。

韓日戦争勃発!? 韓国けったい本の世界
野平俊水、大北章二著
2001年11月 46判 293頁 文藝春秋 1,619円
日本列島が水没する近未来SFから古代日本語のルーツを韓国語とする歴史本まで、韓国のトンデモ本を在韓日本人学者が紹介、分析。

病としての韓国ナショナリズム
伊東順子著
2001年10月 新書判 240頁 洋泉社 740円
韓民族をあれほど自画自賛するのに、国を捨て移民になる者が後を絶たず、世界一の孤児輸出国であるという謎。華僑が「世界で唯一成功できなかった国」と語る韓国が抱える病理とは?ソウル在住の著者の体験を通して明らかにするアンビバレントな韓国ナショナリズム。

霧晴るる日まで ある在日朝鮮人との出会いと友情の軌跡
岩田たまき著
2001年10月 46判 206頁 晩聲社 1,500円
「在日」朝鮮人として、日本人として、それぞれの意味を問い続けた交換ノートを軸に、40年に及ぶ友情の軌跡を描く。

涙で描いた祖国 北朝鮮難民少年チャン・キルスの手記
チャン・キルスとその家族著 石丸次郎監訳 崔栄哲訳 
2001年10月 A5判 172頁 風媒社 1,700円
生き残るために祖国を捨てた一家の、潜伏生活の恐怖、決死の国連事務所潜入・籠城…、そして奇跡の韓国亡命。15歳の少年・キルスが描く画集。

韓国美人事情
川島淳子著
2001年9月 新書判 240頁 洋泉社 700円 品切れ
年頃になったら男性に素顔を見せない、健康食より美容食、母が娘に整形を勧める、等々、国をあげての美人至上主義を糸口に、韓国の文化と歴史、韓国人のメンタリティを探る。

統一コリアのチャンピオン ボクサー徳山昌守の闘い
高賛侑著
2001年9月 新書判 256頁 集英社 700円
在日コリアンの徳山昌守(洪昌守)は、祖国統一の悲願をその拳でリング上に表現する。試練をくぐり抜けて世界王座に登りつめた青年の、人生を賭けた夢は実現するか。

ソウルの風景 記憶と変貌
四方田犬彦著
2001年9月 新書判 212頁 岩波書店 700円
21年振りで再びソウルに長期滞在した著者が出会った2000年の韓国とは。高度消費社会と伝統回帰、「北」をめぐる映画、日本文化流入と元従軍慰安婦の集会…人々の姿、声が幾重にも映し出され、私たちの同時代をも照らす。

韓国のカツミくんと、珍島のケイコさん 
小野勝美著 
2001年8月 46判 219頁 三五館 1,500円
韓国全道の有名観光地以外の歩き方と、「海割れ」の不思議島・珍島のガイド。

在日はなぜスポーツに強いのか 
康煕奉著 
2001年7月 新書判 202頁 KKベストセラーズ 680円
日本のスポーツ界で活躍する「在日」の多くが日本名を名乗る中で、「在日」であることを自ら公言する者も、少なくない。その言葉には、スポーツの表舞台では語りたくても語れない自らのアイデンティティ、誇り、強さの秘密がある。在日ジャーナリストがその謎に迫る。

在日コリアンのアイデンティティと日本社会 多民族共生への提言 
山下誠也、キム・ソンヒョ、日隈光男編 
2001年7月 46判 223頁 明石書店 1,900円
「つくる会」教科書の刊行や「三国人」発言等、在日コリアンのアイデンティティを揺るがす出来事が続く現代の日本社会。在日コリアンとの真の共生へ向けての課題を提示する。

友と愛、そして母 ある在日朝鮮人一世の心に残る人々 
朴東廉著
2001年7月 46判 328頁 新幹社 2,800円
植民地支配、解放、朝鮮戦争、激動の時代、東京大学で育んだ友情。ほのかな愛情物語、そして母の愛。

もっとおもろい韓国人  熱くてたのしい隣人たち
高信太郎著
2001年6月  新書 判 299頁  光文社 848円
『おもろい韓国人』(同社刊)続編。韓国人ととうつきあうかを実践・経験的にコーチ。

本日も不法滞在 入国管理局で会いましょう 
張芸真著
2001年6月 46判 223頁 朝日ソノラマ 1,400円
オーバーステイ外国人に片道航空券を売る韓国人女性が見た、不法滞在天国ニッポン。

コリア驚いた!韓国から見たニッポン 
李元馥著 松田和夫、申明浩訳 
2001年6月 A5判 261頁 朝日出版社 1,500円
韓国のベストセラーマンガの日本語訳。反日感情の強い韓国人にできるだけ客観的に日本を紹介しようとした、韓国では希有な試み。

日韓サッカー 反目から共生へ 
康煕奉著 
2001年6月 46判 242頁 新幹社 1,500円 
2002年のワールドカップ共催へむけて、サッカーをめぐる日韓関係は反目・敵視の時代から友好・共生の時代に変化しつつある。90年代の10年間を振り返り、今後の日韓サッカーのありように迫る。

新・好きになっちゃったソウル 
下川裕治、ぷれすアルファ編 
2001年5月 A5判 191頁 双葉社 1,500円
「韓定食バトル体験」「カフェめぐり」「地下鉄を乗りこなす」など、グルメ、ショッピングをはじめとしたソウル街歩きガイド。

北朝鮮に消えた友と私の物語 
萩原遼著 
2001年5月 文庫判 433頁 文藝春秋 552円
帰国運動の悲劇を描いた第30回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

北朝鮮を知りすぎた医者 
ノルベルト・フォラツェン著 瀬木碧訳 
2001年5月 46判 270頁 草思社 1,800円
北朝鮮から国外追放されたドイツ人医師が、18ヵ月の体験を記した手記。

日本の驕慢 韓国の傲慢
渡部昇一、呉善花著
2001年4月 文庫判 206頁 徳間書店 476円 
日本と韓国がいがみ合うのはなぜか。相互蔑視を超え、これから何をすべきか。新世紀の日韓関係を視野に、各々の立場から問題点と解決法を、歴史、民族気質を踏まえ語り合う。

ソウル掘り出し物探険隊 コイケ・ケイコ著 
2001 年 4 月 文庫 判 238 頁 光文社 629 円 
免税店、有名ブランドのアウトレット、大規模ファッションビルなど、ソウルのとっておきの買い物エリアを詳細にレポート。

韓国が死んでも日本に追いつけない18の理由 
百瀬格著 金重明訳 
2001年4月 文庫判 369頁 文藝春秋 514円
在韓28年の日本人元商社マンがハングルで書き、韓国で出版。誇り高き韓国人に「日本に学べ」と言わしめた。98年に文藝春秋より同名タイトルで出版された。

韓国ワンダフル突撃記 人に突撃 食に突撃 買い物に突撃 
大原利雄著 
2001年4月 文庫判 288頁 光文社 552円
「何度も行きたくなる国」でのせつなくて笑える話。

在日韓国人の終焉
鄭大均著
2001年4月 新書判 196頁 文藝春秋 660円
在日韓国人は「永住外国人」などという宙ぶらりんな存在としてよりは、日本国籍を取得してこの社会のフル・メンバーとして生きていけばいいのであり、そのために必要なら帰化手続きの弊を指摘すればよい、という在日論。

韓国人権運動の証言 
徐俊植著 西村誠、小西裕美訳 
2001年4月 46判 372頁 明石書店 3,800円
現代韓国における代表的な人権運動家である著者が96年以降に著した文章、ならびに80年代に獄中で記した未公開の書簡を編集・翻訳。

それでも私は旅に出る チマ・チョゴリの日本人、世界へ 
金纓著 
2001年4月 46判 249頁 岩波書店 2,300円
韓国で生まれ育ち、日本人牧師との結婚により帰化した女性牧師が、50歳を目前に、仕事も住まいも捨てリュック一つで世界ひとり歩きへ。乳ガンと向きあいながら訪ね歩いた97の国々。3年半の旅と心の軌跡。

バイクで駆ける韓国3000キロ 
賀曽利隆著 
2001年4月 46判 174頁 JTB 1,500円
旅行者のバイク持ち込みが法律で禁止されている韓国で、特別に許可を得ての韓国一周ツーリング紀行。

国際理解に役立つNHK地球たべもの大百科 9 韓国 キムチ 
谷川彰英監修 
2001年4月 B5大判 37頁 ポプラ社 2,600円 
キムチをはじめとした韓国の食や、日本との歴史、現在を写真とともに紹介。(小学校高学年〜中学生向け)

第四の選択 韓国系日本人 世界六百万韓民族の生きざまと国籍
河炳旭著
2001年3月 46判 338頁 文芸社 1,600円
韓民族であることと、韓国籍であることは一致しなくてもいい。世界各国に進出する韓民族の実情を踏まえ、21世紀を生きる在日韓国(朝鮮)人のあり様を示す。

韓国を食べる 「食」から見た韓国人
黒田勝弘著
2001年3月 46判 303頁 光文社 1,300円
韓国での食べ物体験を通じて、「韓国とは」「韓国社会とは」「韓国人とは」といったことを紹介する。

あなたを忘れない 韓国人留学生・李秀賢おぼえ書き 
康煕奉著
2001年3月 46判 206頁 早稲田出版 1,500円
JR新大久保駅で亡くなった李秀賢さんの生涯を、両親秘蔵の写真やエピソード、プサン・日本の友人や恩師の証言でまとめる。

日本外交官、韓国奮闘記
道上尚史著
2001年3月 新書判 198頁 文藝春秋 660円
ソウルの日本大使館で勤務した著者が、多くの韓国人との実際のディベートを紹介しつつ新しい韓国像や日本との歴史観の違いを語る。

辛くてオイシイ韓国 
日本放送出版協会編
2001年3月 A5判 157頁 日本放送出版協会 1,400円
利川で幻のケゴリキムチに会い、木浦で名物生タコのおどり食いと格闘し、水原の骨付きカルビに涙する…全身で味わいつくす韓国<食>紀行。NHK BSスペシャル「韓国 食の大図鑑」の韓国取材をもとに編集。

「在日」のはざまで 
金時鐘著
2001年3月 文庫大判 476頁 平凡社 1,500円
詩人である著者がその生涯をかけて綴り、語ってきたエッセイ集。

北上幻想 いのちの母国をさがす旅 
森崎和江著 
2001年2月 46判 190頁 岩波書店 1,800円
植民地化の朝鮮で生まれ育ったことを罪深く意識して戦後を生きた詩人の心の旅。

海を売った人びと 韓国・始華干拓事業 
ハン・ギョング、パク・スンヨン、チュ・ジョンテク、ホン・ソンフプ著 
2001年2月 46判 306頁 日本湿地ネットワーク発行 南方新社発売 1,900円
補償金と引き換えに海を手放した人々はどうなったのか。これまで盲点だったその後の住民の暮らしを詳細に調査。

北朝鮮−地獄からのレポート 最新飢餓報告と収容所の実態
趙甲済著 中根悠訳
2001年2月 46判 281頁 河出書房新社 1,800円
中国に脱出した難民の悲惨な実態、北朝鮮の実相を伝える秘密報告など、北朝鮮の闇の部分を明らかにし、人々がいかに苦しみ、死んでいるかを告発するドキュメント六編を収録。

海を越える済州島の海女 海の資源をめぐる女のたたかい 
李善愛著
2001年2月 A5判 256頁 明石書店 6,000円
近代・済州島海女の韓国本土及び日本における生活の実態を明らかにするとともに、彼女らの移動と定着の歴史的過程を「生活ストラテジー」という概念に依拠して記述分析する。

中国朝鮮族の移住・家族・エスニシティ 
佐々木衛、方鎮珠編 
2001年1月 A5判 316頁 東方書店 5,400円
現地調査から得られた知見と資料をもとに、中国朝鮮族の社会的生活、アイデンティティの構造、文化的自律性と変容、移住と親族ネットワークを考察する。

韓国人のしくみ <理>と<気>で読み解く文化と社会 
小倉紀藏著
2001年1月 新書判 210頁 講談社 660円 品切れ
韓国の最新情勢を紹介しつつ、政治経済・文化現象を独自の「理」「気」の視点で読み解く。

たたかう新聞 「ハンギョレ」の12年 (岩波ブックレットNo.526)
伊藤千尋著
2001年1月 A5判 71頁 岩波書店 440円
'88年軍政下の韓国に真のジャーナリズムを目指して生まれた日刊紙の苦闘、現在を報告。

ソウル、韓国語世界への旅 私の80年代
鴨良子著
2001年1月 46判 242頁 明石書店 2,000円
1980年代を韓国で日本語教師として過ごした著者による日々の記録。激動の韓国80年代を一生活者の視点からとらえる。

韓国NGOデータブック 
在日韓国民主人権協議会編
2000年12月 A5判 219頁 みずのわ出版 2,800円
人権・環境・女性・教育など韓国社会の各分野で活躍する市民団体100を紹介。

「自分の国」を問いつづけて ある指紋押捺拒否の波紋 
崔善愛著
2000年12月 A5判 64頁 岩波書店 440円
協定永住資格を奪われた在日三世の著者が、原状回復を遂げるまでの14年にわたる軌跡。

日本・韓国・中国 いま何時? 若き韓国人ビジネスマンの思い
車東鎭著
2000年12月 46判 251頁 新幹社 1,800円 
20世紀と21世紀をまたがって生きる若き韓国人ビジネスマンが、中国、日本、韓国の昨日と今日、そして明日の姿を考える。

生き別れて37年 北朝鮮にいる息子よ わが胸に帰れ
寺越友枝著 
2000年12月 46判 250頁 徳間書店 1,500円
2人の叔父とともに行方不明になった息子を取り戻すべく苦闘した母が綴る。

コリアン・マイノリティ研究 第4号 
在日朝鮮人研究会編 
2000年12月 A5判 120頁 新幹社 1,200円
パネルディスカッション「在日」女語り(辛淑玉他)「国籍条項をめぐるエスノメソッド」「戦前京都の都市下層社会と朝鮮人の流入」など。

たたかれる覚悟で書いた韓国人禹君から日本への直言
禹守根著
2000年12月 46判 236頁 スリーエーネットワーク 1,300円
日本を「父」のように慕う韓国人留学生が、日本の若者たちのあまりにも堕落した現状を憂い、彼らに“喝”を入れるべく綴った。

日本が嫌いな日本人へ
呉善花著
2000年12月 文庫判 234頁 PHP研究所 514円
日本人よ、日本の文化、伝統、思想に自信を持て。欧米追随主義を排し、今こそ日本は自ら「超欧」のヴィジョンを創造しなければならないと説く。

キムチの国
李御寧、李圭泰、金晩助著 金淳鎬訳 
2000年12月 A5判 118頁 千早書房 1,600円
「キムチは韓国人が長い間育ててきた、調和の味である」。韓国食文化が生んだ伝統の味、キムチを通して韓国を読み解く。

こんなに凄いのか!韓国の徴兵制
康煕奉著
2000年11月 46判 233頁 スリーエーネットワーク 1,500円
これまでタブーとして語られることがなかった韓国の徴兵制の実態を、経験者への綿密な取材を元に明らかにしたドキュメント。

角が立つ韓国人 丸くおさめる日本人
王秀英著
2000年11月 46判 222頁 海竜社 1,429円
日本での暮らし、日々の出来事の中から日韓の文化の違いを語るエッセイ。

韓国旅行の王様 お隣の国の魅力を味わいつくす裏ワザ集
河野比呂著
2000年11月 文庫判 262頁 光文社 533円
フライトの決め方から、交通機関の活用術まで、人気スポットを極めるための一冊。

1日5000円ぜいたく旅 韓国 女性にも安心満喫の裏ワザ生情報
柳瀬川礼子著
2000年11月 文庫判 270頁 双葉社 552円
航空券入手の裏ワザから韓国人とのコミュニケーションのコツまでアドバイス。

韓国は日本を見習え 滞日三年、韓国エリート官僚の直言
李銅T著
2000年11月 46判 208頁 文藝春秋 1,238円
アジア経済研究所の客員研究員として来日した韓国にエリート官僚が、体験をもとに日韓を比較。祖国に対し発した直言。

韓国は変わった 日本はどうする 
百瀬格著
2000年10月 46判 203頁 PHP研究所 1,300円
日韓両国でベストセラーになった『韓国が死んでも日本に追いつけない18の理由』の著者が提言する共存共栄のためのパートナーシップ。

ソウルでキレイになってやる 食べた、ヤセた、トクした! 
コイケ・ケイコ、チョン・ウンスク著 
2000年10月 文庫判 220頁 祥伝社 714円
ヘルシーな韓国料理をおいしく食べながら、韓国のサウナ、エステでピカピカに磨き上げて「キレイ」になる旅。

ソウル暮らし平壌暮らし
高英煥著 河合聰訳
2000年9月文庫判317頁徳間書店533円
北朝鮮の亡命高官として世界の注目を浴びた著者が書いた、交通事情、料理、恋愛関係など「軽くユーモラスなタッチで肩の凝らない」南北比較論。

「在日」が差別する時される時 (ほるもん文化H)
ほるもん文化編集委員会編 
2000年9月 A5判 244頁 新幹社 1,700円
差別される立場の人間もまた差別する側に立つことがありうるという「内なる差別」を問う。

韓国まんぷくスクラップ 
浜井幸子著 
2000年9月 A5小判 142頁 情報センター出版局 1,400円
写真とイラスト満載で本場の激ウマ250品を紹介。

韓国のヒロシマ 韓国に生きる被爆者は、いま
鈴木賢士・写真・文 
2000年8月 A5判 156頁 高文研 1,800円 
韓国南部ハプチョンの被爆者の集落で、被爆者たちの肉声を全身で聞き、その姿を正面からカメラに収めたフォトドキュメント。

韓国人が知日家になるとき ある教師の回想六0年 
金昌國著 
2000年8月 46判 245頁 平凡社 1,900円
解放後<反日>教育に従った教師も、かつては軍国少年だった。戦時下京城での日本人との付き合いから最近の滞日4年の経験まで、反日から知日への道のりを語るエッセイ。

駐韓米軍犯罪と女性の人権 基地のない平和な世界をめざして 
在日韓国民主女性会編 
2000年8月 B5判 60頁 在日韓国民主女性会 500円
沖縄同様、韓国でも駐留米軍はくり返し犯罪を起こしていた。1992年から1998年までの駐韓米軍の犯罪事例をとりあげ、真相究明と基地の撤退を求める。

北朝鮮 泣いている女たち 价川女子刑務所の2000日 
李順玉著 李洋秀訳 
2000年8月 文庫判 318頁 KKベストセラーズ 590円
冤罪、拷問、暗黒裁判。北朝鮮女子刑務所の全貌。

コリアン・ドリーム! 韓国電子メディア探訪 (別冊・本とコンピュータB)
「本とコンピュータ」編集室編 
2000年7月 A5判 213頁 トランスアート 1,300円
韓国の出版と電子メディアの現状を紹介。

あんにょんキムチ 
松江哲明著 
2000年7月 46判 147頁 汐文社 1,300円
キムチが食べられない孫(3世)の視点で、韓国系日本人の家族のルーツをたどる笑いと涙のドキュメンタリー映画「あんにょんキムチ」のノベライズ。

とっておきの韓国 
鄭銀淑著 
2000年7月 文庫判 266頁 三笠書房 495円
現地の人が教える街・人・食の楽しみ方。「ホットな韓国」究極ガイド。

韓国ソウルとっておきの現地ナマ情報 ガイドブックにはない「食べる」「ショッピング」「エステ」の裏ワザ 
鄭銀淑著 
2000年7月 文庫判 252頁 二見書房 495円 
ソウルの女性記者がおしゃれと遊びの穴場を初公開。

越境 北朝鮮から売られてきた花嫁 
新井貫著
2000年6月 46判 254頁 リム出版新社 1,800円
帰国事業で北朝鮮へ渡った家族の苦悩と現実。日本人妻や出国した人々の今は?日本人男性との間に生まれた子供を連れて、北朝鮮から中国へ越境した女性へのインタビュー内容を中心に構成。

ビビンバ家族 それでも妻は韓国人 
日高博著
2000年7月 46判 253頁 海拓舎 1,400円
韓国から花嫁を迎え入れた一家の、泣いたり笑ったり怒ったりの毎日。

われらが<他者>なる韓国 
四方田犬彦著 
2000年6月 文庫大判 361頁 平凡社 1,400円
映画評論から、漫画、文明論に至るまで激しく活動する著者の韓国記。

日韓曇りのち晴れ 
徐賢燮著
2000年6月 46判 247頁 葦書房 1,800円
明太子からW杯まで、知日派の韓国総領事が書き下ろした日韓交流の歴史と明日。

現代韓国を知るための55章 
石坂浩一、舘野ル編著 
2000年6月 46判 221頁 明石書店 1,800円 
現代韓国の政治、経済、社会、文化のすべてが一冊に凝縮。

北朝鮮 絶望収容所 完全統制区域の阿鼻地獄 
安明哲著 池田菊敏訳 
2000年6月 文庫判 590頁 KKベストセラーズ 590円 
決死の脱出を敢行した政治犯強制収容所警備隊員の慙愧の告白手記。

インタビュー・21世紀の韓国人 韓国と日本のこれまで・これから [新韓国読本]I 
仁科健一、舘野ル編 
2000年5月 A5判 197頁 社会評論社 2,000円

ガラスの塔 ある在日二世の生きてきた世界 
高英梨著
2000年5月 46判 221頁 思想の科学社 1,800円

韓国の友だち (世界の友だちとくらし)
佐藤郡衛監修 伊地知英信・文・写真 
2000年4月 A5判 71頁 学校図書 1,500円 
子どもたちのあそびは?食べ物は?学校生活は?カラー写真をふんだんに使い、わかりやすくつたえる。

朝鮮と私 旅のノート 
萩原遼著 
2000年4月 文庫判 267頁 文藝春秋 486円

韓国両班騒動記 “血統主義”が巻き起こす悲喜劇 
尹学準著 
2000年4月 46判 278頁 亜紀書房 1,800円
共産主義者も、知識人もみんなヤンバン好き。今に残る特権意識の愚を描いた著者にあの手この手の圧力が・・・。

ワサビの日本人と唐辛子の韓国人
呉善花著
2000年4月 文庫判 274頁 祥伝社 562 円

韓国ふるさと街道をゆく 
康煕奉著
2000年4月 46判 237頁 スリーエーネットワーク 1,400円
釜山の裏街で怪しい探検をして、慶州の仏国寺で謎の美女に出会う。幌馬車風の屋台で酔いつぶれ、素泊り旅館で温かい人柄に触れる。在日2世がつづった韓国の原風景。

日本人になりたい在日韓国人 
岩本光史(李仁植)著 
2000年4月 46判 224頁 朝日ソノラマ 1,400円
国籍がどうの名前がどうのではなく、誰に対しても人間と人間、個と個のつきあいをしていきたい。在日コリアン二世の日本・韓国・北朝鮮。

コリアンタウンの民族誌  ハワイ・ LA・ 生野  
原尻英樹著
2000年4月 46判 235頁 筑摩書房 660円

「反日」を捨てる韓国  
呉善花著
2000年3月 新書判 155頁 PHP研究所 1,000円
経済破綻、IMFショック、文化崩壊を経て、韓国が学んだ教訓とは何か。この劇的なる二年間の意味を問う評論集。

変貌する現代韓国社会  
小林孝行編
2000年3月 46判 213頁 世界思想社 1,900円
家族・ 女性・ 福祉・ 宗教から大衆文化まで、現代韓国社会における変化と日本との関係を社会学的に捉える。

棄郷ノート  
姜信子著
2000年3月 46判 258頁 作品社 2,000円
民族のために民族を裏切った日韓併合下の親日作家の足跡を辿りつつ、観念の罠たる幻想の共同体に取り込まれない人間関係を模索するルポルタージュ。

なぜ韓国人はすぐケンカ腰になるのか  韓国人もよく知らない韓国人の姿  
崔俊植著 田中恵訳
2000年3月 46判 303頁 KKベストセラーズ 1,700円

逆風に飛び立った子ら 韓国老教師の回想  
安炳泰著
2000年3月 46判 269頁 スリーエーネットワーク 1,500円

ぐるっとソウル 地下鉄でめぐるいま・むかし  
遠森慶著
2000年3月 46判 239頁 三交社 1,500円
六百余年の歴史に彩られた古都ソウルを情感豊かに訪ね歩く「ちょっぴり知的な」首都案内。

慟哭の豆満江 中・ 朝国境に北朝鮮飢民を訪ねて 
金賛汀著 
2000年3月 46判 202頁 新幹社 1,800円

在日コリアンの胸のうち  日本人にも韓国人にもわからない
辛淑玉著 
2000年2月 新書判 230頁 光文社 819円

韓国の子どもたち(世界の子どもたちはいまC)
西村佐二・ 指導 原智子・ 文
2000年2月 B5大判 63頁 学習研究社 3,000円

「北朝鮮」知識人からの内部告発  
辺真一責任編集・訳 
2000年1月 文庫判 219頁 三笠書房 533円

朝鮮の子どもの遊び博物館  
韓丘庸著 姜孝美・ 画
2000年1月 A5判 188頁 東方出版 2,000円

神話・ 宗教・ 巫俗 日韓比較文化の試み 
崔吉城、日向一雅編
2000年1月 A5判 317頁 風響社 5,000円

生きて、ふたたび 隔離55年−ハンセン病者半生の軌跡
国本衛著 
2000年1月 46判 271頁 毎日新聞社 1,800円
日本は、武力をもって強制的に併合した朝鮮民族に対していかなる無礼、迫害を加えたか。著者はさらに少年の頃ハンセン病を体験、非科学的な「らい予防法」に苦しめられた。

新 スカートの風 日韓=合わせ鏡の世界  
呉善花著
2000年1月 文庫判 213頁 角川書店 495円

韓国歳時記  
金渙著 
2000年1月 46判 248頁 明石書店 2,200円
第1章「韓国の年中行事(歳時記)」から第7章「家の相続と門中」まで主に日韓比較文化論となっている。

<増補改訂版>破壊工作 大韓航空機「爆破」事件の真相!  
野田峯雄著
99年12月 文庫判 413頁 宝島社 600円

修羅を生きる  
梁石日著
99年12月 文庫判 241頁 幻冬舎 495円

韓国のおばちゃんはえらい!  
渡邉真弓著
99年12月 46判 227頁 晶文社 1,800円

コリアン・マイノリティ研究 第3号 
在日朝鮮人研究会編
99年12月 A5判 119頁 新幹社 1,200円

韓国民に告ぐ! 在日韓国系中国人兄弟による痛哭の祖国批判  
金文学、金明学著
99年12月 B6判 268頁 祥伝社 1,400円

ソウルはもう、お隣り気分 おしゃれで元気なコリアの魅力 
亜州奈みづほ著 
99年12月 46判 190頁 大和出版 1,400円
最新のエステ&ショッピング情報と、韓国文化のユニークな横顔を満載。

韓国・朝鮮と出会おう 国際理解ハンドブック
ヨコハマハギハッキョ実行委員会、山本すみ子編著 
99年11月 B5判 87頁 国土社 1,600円 
子どもたちが遊びや料理、音楽などを通じて韓国・朝鮮の文化に触れ、学び、楽しむための教職員向け手引き書。

イカイノ発コリアン歌留多  
金蒼生著 
99年11月 46判 238頁 新幹社 1,600円

韓国と韓国人 隣人たちのほんとうの話  
小針進著
99年11月 新書判 225頁 平凡社 680円

在日朝鮮人と日本社会  (AKASHI人権ブックスH) 
在日朝鮮人・人権セミナー編 
99年11月 46判 258頁 明石書店 2,200円

愛することは待つことよ 二十一世紀へのメッセージ
森崎和江著 
99年10月 46判 222頁 藤原書店 1,900円

東京コリアン純情日記  
安里著 
99年10月 46判 254頁 総合法令 1,400円

ソウルマイハート2 背伸び日記  
黒田福美著
99年10月 46判 317頁 草風館 2,000円

めぐみ、お母さんがきっと助けてあげる  
横田早紀江著
99年10月 46判 222頁 草思社 1,500円

恨の彼方に 歴史の荒波を越えて  
崔惠淑著
99年9月 46判 272頁 右文書院 1,905円

マルセ太郎 記憶は弱者にあり 喜劇・人権・日本を語る 
森正編著 
99年8月 46判 224頁 明石書店 1,800円

韓国珍島の民俗紀行 (青丘文化叢書5) 
伊藤亜人著 
99年7月 A5判 194頁 青丘文化社 2,800円

韓国語と日本語で学ぶ韓国の社会と女性
日韓市民交流のための教材シリーズA 
青柳優子著
99年5月 B5判 121頁 満守出版社 1,200円

遙かなり済州島
戸川昭夫著 
99年5月 46判 222頁 じゃんぼり書房 1,500円

韓国の労務管理と女性労働 
明泰淑著 
99年5月 A5判 290頁 文眞堂 3,000円

日本の文化 韓国の習俗  比較文化論
金両基著 
明石書店 46判 268頁 2,700円

私はいかにして<日本信徒>となったか
呉善花著 
PHP研究所 46判 238頁 1,429円

民族教育と共生社会  阪神教育闘争50周年集会の記録
民族教育ネットワーク編 
東方出板  A5判 99頁 800円 99年1月刊

きみにもできる国際交流(2) 韓国
北嶋静江監修 こどもくらぶ編著 
偕成社  A4判 47頁 2,800円 99年3月刊

韓国料理文化史  
李盛雨著 鄭大聲、佐々木直子訳 
平凡社  46判 629頁 4,600円

 

ご注文

ホームへ