韓国・朝鮮

政治・法律

アジア文庫

 

北朝鮮「対日潜入工作」 不審船の目的はなんなのか? (別冊宝島REAL 038)
惠谷治、神浦元彰、高世仁、野村旗守、宮塚利雄著
2002年10月 A5判 207頁 宝島社 1,200円
“日本沿岸には100カ所以上もの工作船「潜入ポイント」が!”、“北朝鮮製「覚醒剤」密売ネットワークの実態!”、“「朝鮮総聯」、公的資金喰いの手口とは?”ほか。

北朝鮮の交渉戦略 板門店38度線上の攻防
チャック・ダウンズ著 福井雄三訳 植田剛彦総合監修
2002年9月 46判 557頁 日新報道 2,800円
アメリカの交渉担当者による北朝鮮の交渉記録を通して、北朝鮮の行動様式を眺める。

金大中・金正日最後の陰謀
孫忠武著
2002年10月 46判 506頁 日新報道 2,300円
金大中と金日成・金正日親子との親密な関係を明らかにしつつ、今後の韓国と日本と米国、そして国際情勢のゆくえを解く。

韓国大統領列伝 権力者の栄華と転落
池東旭著
2002年7月 新書判 257頁 中央公論新社 820円
独立以来八人を数える韓国大統領のうち、一人は暗殺され、三人は任期途中で下野、二人は退任後逮捕された。クーデター、逮捕、断罪、特赦、亡命など転変きわまりない浮沈を重ねた歴代大統領の生い立ちから、権力掌握のプロセス、その挫折まで。

日本外交はなぜ朝鮮半島に弱いのか 
佐藤勝巳著
2002年3月 46判 190頁 草思社 1,400円
「不審船」、朝銀破綻、日本人拉致、教科書批判…日本政府はなぜこれらに毅然とした態度でのぞむことができないのか。

朝鮮半島のいちばん長い日 南北首脳会談の真実
崔源起、鄭昌鉉著 福田恵介訳
2002年3月 46判 290頁 東洋経済新報社 1,800円
歴史的な南北首脳会談の全容を見つめ直し、揺れ動く朝鮮半島情勢の今後を読み解く。首脳会談後の動きを描いた日本語版への書き下ろしを追加。

生産的福祉への道 
金大中著 金有培記録・構成 田内基訳
2002年3月 46判 221頁 毎日新聞社 1,500円
民主主義、市場経済、そして「生産的福祉」の均衡的発展こそが21世紀の新しい社会発展モデルである―。ノーベル平和賞を受賞した韓国大統領による、国政運営の哲学。

やるっきゃない。 かっとびアジュマの民主化闘争
金希宣著 梁東準訳
2002年2月刊 46判 222頁 晩聲社 1,800円
朴正煕政権以降、一貫して民主化闘争に参加し、何度もの逮捕・投獄ののち現在は韓国国会議員をつとめる著者の半生。

二つのコリア[特別最新版] 国際政治の中の朝鮮半島
ドン・オーバードーファー著 菱木一美訳
2002年2月 46判 576頁 共同通信社 2,700円
'98年度アジア太平洋賞大賞受賞作の改訂最新版。その後の南北首脳会談などをふまえ、変動を続ける朝鮮半島を分析。

韓国司法制度入門  司法制度概要と立法動向
金洪奎著
2001年6月  46 判 199頁  信山社 3,000円
韓国の司法制度概要と韓国における立法動向(改正民事訴訟法案と集団訴訟法案)を紹介。

日朝条約への市民提言 歴史的責任の清算と平和のために (明石ブックレット13)
石坂浩一、田中宏、山田昭次他著 
2001年6月 A5判 97頁 明石書店 1,000円
植民地時代の過去の清算、在日コリアンの処遇、日本人拉致疑惑など、日本と北朝鮮との国交正常化の前に横たわる問題を指摘し、手探り状態の日朝交渉を平和的に進めていくための道筋を市民の立場から探る。

現代韓国の社会運動 民主化後・冷戦後の展開 
金栄鎬著 
2001年5月 46判 286頁 社会評論社 2,600円
80年代後半から90年代全般にわたる韓国の政治史と社会運動史を、主に社会運動の側の資料を使って記述。

「在日」の家族法 Q&A
木棚照一監修 「定住外国人と家族法」研究会編著 
2001年5月 A5判 367頁 日本評論社 2,800円
「在日」の国籍、法的地位、婚姻・離婚の法律、親子関係・相続の法律、姓(氏)の法律などの家族法に関するQ&A集。

和解と共存への道 (岩波ブックレットNo.536)
金大中著 
2001年5月 A5判 56頁 岩波書店 440円
ノーベル平和賞を受賞した韓国大統領の記念演説。更に東京・ベルリンでの演説も収録。

金正日への宣戦布告 黄長Y回顧録 
黄長Y著 萩原遼訳 
2001年4月 文庫判 422頁 文藝春秋 819円
長年、金日成・正日父子の身近で働いてきた著者が見た奥の院での暗闇、圧政に苦しむ人民の救出策などを明かす。

近代朝鮮の外交と国際法受容
徐賢燮著 
2001年3月 A5判 192頁 明石書店 2,900円
朝鮮の対日外交の失敗の相当部分は、朝鮮外務当局の不正確な日本認識と誤った「万国公法」への期待に帰するものであったことを念頭に、朝鮮の「万国公法」の認識の変化を分析。

朴正煕と金大中 私の見た激動の舞台裏
文明子著 阪堂博之訳
2001年2月 46判 424頁 共同通信社 2,300円
独裁から民主化へ−。朴政権下での暴圧と闘い、金大中救出に全力を尽くしたワシントン在住韓国系女性ジャーナリストによる真実追究の記録。

北朝鮮の延命戦争 金正日・出口なき逃亡路を読む 
関川夏央、惠谷治、NK会編
2001年2月 文庫判 315頁 文藝春秋 514円
20世紀が生んだ権力国家の終焉の時、どんな津波が日本を襲うのか。コリアの、とくに宿命的な固着性を特徴とする北朝鮮の原理を分析する。

北朝鮮はるかなり 上 金正日官邸で暮らした20年
成巵苒 萩原遼訳
2001年2月 46判 341頁 文藝春秋 1,714円
朝鮮戦争時にソウルから北に渡り辛酸をなめた両親。次女は金正日の妻になり、長女は官邸入り。数奇な運命をたどった一族の悲劇。

北朝鮮はるかなり 下 金正日官邸で暮らした20年
成巵苒 萩原遼訳
2001年2月 46判 311頁 文藝春秋 1,714円

金正日の哄笑 南北は本当に和解したのか 
関川夏央、惠谷治、NK会編 
2000年12月 46判 312頁 光文社 1,700円
南北首脳会談が冷戦終焉を意味するという観測が流れているが、本書ではこの見方に強い疑義を呈し、朝鮮半島の近未来図を描き出す。

北朝鮮と国交を結んではいけない
中西輝政編著
2000年12月 文庫判 251頁 小学館 476円
本来的な国交正常化とは何かを考え、国交を結ぶべき「時」をより慎重に考え直すべきだという警鐘を鳴らす。

金正日 衝撃の実像
韓国・中央日報社編 金燦訳
2000年12月 文庫判 310頁 徳間書店 533円
韓国・中央日報社が、その人間像から最新の組織までを追った。

北朝鮮の外交戦略
重村智計著
2000年11月 新書判 222頁 講談社 660円
経済破綻に苦しむ社会主義国がなぜ日・米・韓を手玉に取り続けるのか?熾烈な舞台裏の駆け引きを解明。

動き出した朝鮮半島 南北統一と日本の選択 
吉田康彦、進藤榮一著 
2000年10月 46判 315頁 日本評論社 2,200円
世界を驚かせた南北首脳会議。統一のための課題は何か。南北朝鮮の政治、経済、外交の実態に迫り、日本が選択すべき道を探る。

北朝鮮 軍と政治 
塚本勝一著 
2000年10月 46判 245頁 原書房 1,800円
人民軍の生い立ちから現在に至るまでの歴史、人民軍と政治との関わり、金正日のものの考え方、北朝鮮人民軍の本質を知るために欠かすことのできない三要素を分析・説明する。

「脅威の国」との国交交渉 金正日戦略と日本の選択
全哲男著
2000年9月 46判 221頁 緑風出版 1,800円
日本が世界で唯一国交をもたない国であり、また唯一植民地支配の過去を清算していない国である北朝鮮との国交交渉とはどのようなものであり、いかにあるべきなのか。その経過と現状を整理し、交渉の背景と本質を分析しながら解決の展望を探る。

北朝鮮 米国務省担当官の交渉秘録
ケネス・キノネス著 伊豆見元監修 山岡邦彦、山口瑞彦訳 
2000年9月 46判 501頁 中央公論新社 3,200円
せめぎ合う米朝韓日の利害と思惑。米国務省の朝鮮担当官として、初めて公的に北朝鮮を訪れた交渉団の一員である著者が初公開の文書・写真を駆使し、緊迫の交渉を現場から伝える。

朝鮮情勢を読む
佐藤勝巳著 
2000年9月 46判 186頁 晩聲社 1,400円
二人の南北首脳が抱擁したことで朝鮮情勢が変化したのか?変わったのは金正日の要求を呑んだ金大中であって、金正日は何も変化はしていない、と説く著者が、日朝交渉での「二人の抱擁」の意味を分析。

誰も書けなかった朝鮮半島5つの謎
黒田勝弘著
2000年9月 46判 291頁 徳間書店 1,600円
「金正日は本当に変身したのか」「北が独裁体制のままで南北は統一できるのか」。韓国ウォッチャーの第一人者が朝鮮半島を深層レポート。

金大中自伝 わが人生、わが道 
金大中著 金淳鎬訳 
2000年9月 46判 310頁 千早書房 1,600円
韓国大統領金大中の波乱に満ちた半生伝。歴史的な南北首脳会談の嚆矢となった「ベルリン宣言」他、会談時の声明を収録。『いくたびか死線を越えて』(1998年千早書房刊)の増補版。

金正日と金大中 野心と野望
趙甲濟著 黄民基訳 
2000年9月 新書判 190頁 講談社 780円
金正日と握手した金大中。二人の政治家の思惑と術数が朝鮮半島を再び危機に陥れる?著者は『月刊朝鮮』編集長。

宿命 「よど号」亡命者たちの秘密工作
高沢皓司著 
2000年8月 文庫判 685頁 新潮社 857円
「よど号」事件犯人たちの秘密工作を丹念な取材で初めて明らかにしたルポルタージュ。講談社ノンフィクション賞受賞。

金正日と金大中 南北融和に騙されるな 
西岡力著 
2000年8月 B6小判 168頁 PHP研究所 1,000円
平壌での南北首脳会談で朝鮮半島の緊張関係はかえって高まったと説く。

こんなに困った北朝鮮 
橋爪大三郎著 
2000年8月 46判 269頁 メタローグ 1,500円
隣の国なのに日本ではほとんど何も知られていない北朝鮮に、近い将来大きな変化が訪れるのは間違いなく、日本にもその余波は及ぶはず。その時我々はどうすればよいか・・・。社会学者である著者が、近くて遠い国・北朝鮮を徹底分析。

朝鮮半島の新ミレニアム 分断時代の神話を超えて 
李泳禧著 徐勝監訳 南裕恵、広瀬貴子訳 
2000年8月 46判 311頁 社会評論社 2,000円
南北首脳会談の実現で、民族統一に向けて新たな時代を切り拓いた韓国と朝鮮。朝鮮戦争以後、半世紀にわたる南と北の偶像と神話を超えて、人間らしい生が具現される新たな民族共同体の形成として南北統一を構想する著者の最新評論集。

南北統一
重村智計著 
2000年9月 文庫判 221頁 小学館 476円 
2000年6月の首脳会談によって、韓国・朝鮮人の悲願「南北統一」は実現に近づいたのか?21世紀、東アジア最大の課題「南北統一」の問題点を、現状の把握にふまえて掘り下げていく。

追跡 !! 北朝鮮工作船 構造と作戦を完全図解 
ジン・ネット北朝船問題取材班著 
2000年6月 文庫判 251頁 小学館 495円

北朝鮮バッシング
北川広和著
2000年5月 46判 245頁 緑風出版 1,800円
テポドン発射、地下核施設疑惑など、朝鮮半島でよく起きる不可解な事件の真相を追い、日米韓と北朝鮮の複雑怪奇な絡み合いを解きほぐし、北朝鮮脅威説による北朝鮮バッシングの狙いを明らかにしながら21世紀の日朝関係、朝鮮半島情勢を展望する。

金正日最後の賭け 北朝鮮の胎動 
李美淑著 趙庸恩訳 
2000年4月 46判 338頁 講談社 1,900円
核開発疑惑、軽水炉型原子炉、人工衛星発射など、揺れ動く金正日体制。韓国の女性スクープ記者が追い続けた新時代の朝鮮半島。

金大中大統領「民族の誇り 指導者の資質」  
角間隆著
2000年3月 文庫判 365頁 小学館 619円

北朝鮮拉致工作員  
安明進著 金燦訳
2000年3月 文庫判 286頁 徳間書店 552円
北朝鮮の元特殊工作員が初めて「神隠し」の謎を解き明かした。

金大中 平和統一論  
金大中アジア太平洋平和財団著 波佐場清訳 
2000年1月 46判 244頁 朝日新聞社 1,800円

日朝国交交渉と緊張緩和 (岩波ブックレット No.492)
隅谷三喜男、和田春樹編
99年11月 A5判 63頁 岩波書店 440円

北朝鮮とペリー報告 暴発は止められるか (読売ぶっくれっと No.17)  
読売新聞社編 
99年11月 A5判 72頁 読売新聞社 381円

北朝鮮 北東アジアの緊張 
櫻井よし子著 
99年9月 46判 162頁 ダイヤモンド社 1,000円

金日成・金正日の犯罪調書   
金元奉著  
99年9月46判 239頁 アリアドネ企画発行 三修社発売 2,200円

韓国崩壊 金正日の軍事戦略   
キム・ミョンチョル著 
99年9月 46判 246頁 光人社 1,800円

北朝鮮 その世襲的個人崇拝思想 キム・イルソン主体思想の歴史と真実 
朴斗鎮著 
99年9月 46判 194頁 社会評論社 1,600円

韓国国防白書 1998   
大韓民国国防部編  
99年8月 A5判 207頁 アリアドネ企画発行 三修社発売  2,800円

大韓民国新国籍法解説 
趙均錫、崔喜圭、石東R著 
99年8月 A5判 335頁 日本加除出版 3,000円

北朝鮮の「今」がわかる本   
佐藤勝巳著 
99年8月 文庫判 219頁 三笠書房 514円

暴走する国家・北朝鮮 核ミサイルは防げるのか 
西岡力著 
99年7月 文庫判 253頁 徳間書店 495円

金大中拉致事件の真相 
金大中先生拉致事件の真相糾明を求める市民の会(韓国)編著 大畑正姫訳

99年7月 46判 397頁 三一書房 1,900円

在日のための韓国国籍法入門 
奥田安弘、岡克彦著 
99年7月 46判 224頁 明石書店 2,500円

北朝鮮 韓国からの極秘リポート  
池萬元著 
99年7月 46判 312頁 ビジネス社 1,600円
198人北朝鮮要人経歴・ポストの全リスト公開!

同胞の生活と権利 Q&A 
在日本朝鮮人人権協会編 
99年6月 A5判 239頁同成社 1,500円

北朝鮮の真実と虚偽 犬にも劣る民族反逆者は誰だ 
黄長Y著 
99年6月 新書判 226頁 光文社 829円

金正日時代の北朝鮮   
小此木政夫編 
(財)日本国際問題研究所  A5判 344頁 3,700円

北朝鮮送金疑惑  解明・日朝秘密資金ルート
野村旗守著 
東洋経済新報社 46判 249頁 1,500円

在日外国人の基本的人権と参政権   
星野安三郎著
97年6月 A5判 70頁 朝鮮新報社出版局 522円

 

ホームへ