トーキング コリアンシネマ (現代世界読本)

石坂浩一著

2005年3月刊 46判 264頁 凱風社 (5%)税込:\1890 (本体:\1800)

1987年以降の民主化のプロセスの中で、著者が、韓国で見た韓国映画を通して、韓国の人と文化の変貌を、映画との関連で位置づけようと試みる。

【主要目次】
プロローグ 韓国映画の幸せな時間
1 《シルミド》への道のり
2 ニューウェーブを準備した民主化と表現の自由
3 ニューウェーブの登場を告げた《接続》
4 《シュリ》の登場
5 ジャンルの多様化へ ホラー、SF、ミステリー
6 映画をめぐる社会的条件の変化
7 個性的な作品と監督たち
8 韓国人は本当に民族主義者か
9 変転するヒットの法則
10 韓国は本当に儒教の国なのか
11 韓国と日本、見る側の個性
エピローグ 新しい時代への意志
付録 韓国映画一覧

 

ご注文

ホーム