済州島現代史 公共圏の死滅と再生

文京洙著

2005年5月刊 46判 380頁 新幹社 (5%)税込:\2625 (本体:\2500)

済州島が負った四・三事件という深い傷を、その後の歩みを通していかに克服してきたのか、“公共圏”を論述の枠組みとして考察する。

【主要目次】
第1章 第二次大戦直後の済州島
第2章 変貌する済州島社会
第3章 韓国のおける市民社会の胎動
第4章 済州道開発特別法問題と公共圏の創出
終章 済州島の現在

 

ご注文

ホーム