インド

政治・法律

アジア文庫

 


インド民主主義の変容 インド民主主義の変容

広瀬崇子、南埜猛、井上恭子編著

2006年2月刊 A5判 376頁 明石書店 (5%)税込:\5250 (本体:\5000)


ヒンドゥー・ナショナリズム 印パ緊張の背景
中島岳志著
2002年7月 新書判 272頁 中央公論新社 780円
核とITの大国。GNPの大きな伸び。そして戦闘的な反ムスリム運動の国・インド。その背後で民衆の心を捉えるRSS(民族奉仕団)の姿を描き、現代史の中に位置づける。

10億人の民主主義 インド全州、全政党の解剖と第13回連邦下院選挙 
広瀬崇子編著 
2001年6月 A5判 404頁 御茶の水書房 6,100円
インドという「国民国家」が21世紀、どのように変容していくのか?人口10億人、有権者数6億人を超える「世界最大の民主主義」インド政治の全体像を浮き彫りにする。

わが非暴力の闘い
ガンディー著 森本達雄訳
2001年3月 新書判 201頁 第三文明社 800円
非暴力の精神と徹底した対話によってインドを独立に導いたガンディーの著作より抜粋。

ヒンドゥー・ナショナリズムの台頭 軋むインド  
小川忠著
2000年2月 46判 160頁 NTT出版 1,900円
印パ戦闘、国内暴動、宗教の「共生」を謳うインドが揺れている。原因は単に宗教対立なのか?背景を見据える現地レポート。

インド民主政治の転換  一党優位体制の崩壊
ラジニ・コタリ著 広瀬崇子訳 
46判 258頁 勁草書房 2,700円

インドの自由化  改革と民主主義の実験
アミット・バドゥーリ、デーパク・ナイヤール著  永安幸正訳 
46判 239頁 日本経済評論社 2,400円

ご注文

ホームへ