もっとほんとうのこと タゴール 寓話と短編

ラビンドラナート・タゴール著 内山眞理子訳

2002年10月刊 46判 184頁 段々社 1,800円

孫娘のために書かれた最晩年の遺言的な表題作、樹と対話する「生命と心」、世界中で読まれてきた「カブールのひと」など、やさしい語り口のなかに豊かな叡智と癒しをひそませた10編を収録する。

【目次】
鳥の物語
天上界の男の話
妖精のあかし
神の絵
生命(いのち)と心
歓迎のうた
もっとほんとうのこと
父と子の願い
非望
カブールのひと
訳者あとがき

 

ホーム