マハーバーラタの世界

前川輝光著

2006年8月刊 A5判 390頁 めこん (5%)税込:\3675 (本体:\3500)

インドの宗教・思想・文化に大きな影響を与えている叙事詩、「マハーバーラタ」の本格的研究書。「マハーバーラタ」はインドにとどまらず、インドネシアのワヤンの重要なモチーフにもなっているように、アジア全域の文化にも深い影響を及ぼしている。あらすじや登場人物についても詳しく述べられている。

【主要目次】
主要登場人物
あらすじ
第1部 叙事詩『マハーバーラタ』の世界
 
第1章 誓いと運命:ビーシュマの物語
  第2章 カルナの悲劇
  第3章 誓いの物語『マハーバーラタ』
  第4章 『マハーバーラタ』における越境
  第5章 クリシュナの物語『マハーバーラタ』
  第6章 『マハーバーラタ』の運命論
  第7章 『マハーバーラタ』の人間類型試論
第2部 現代インドと『マハーバーラタ』
  第8章 テレビドラマ「マハーバーラタ」
  第9章 ビーシュマとガーンディー
  第10章シヴァ−ジー・サーヴァント『死の征服者』
  第11章インド映画の中の『マハーバーラタ』
参考文献目録
人名索引

 

ご注文

ホーム