インドカレー伝

リジー・コリンガム著 東郷えりか訳

2006年12月刊 46判 376頁 河出書房新社 (5%)税込:\2520 (本体:\2400)

インドカレーは、いかにしてインドカレーになったか…。インド料理のルーツや、西欧人がそれをどう発見・発明したのか、また、それらの料理を持ち帰ったイギリスからどのように世界各地に伝わったのか…。カレーの成り立ちから読み解く、インド食文化史。

【主要目次】
第1章 チキンティッカ・マサラ 本場のインド料理を求めて
第2章 ビリヤーニー ムガル帝国の皇帝たち
第3章 ヴィンダルー ポルトガル人と唐辛子
第4章 コルマ 東インド会社の商人と寺院、ラクナウの太守
第5章 マドラス・カレー イギリス人によるカレーの発明
第6章 カレー粉 インドをイギリスにもちかえって
第7章 コールドミート・カツレツ インドにおけるイギリス食品
第8章 チャイ 紅茶大作戦
第9章 カレーとフライドポテト シルヘットの船乗りとインドのテイクアウト
第100章 カレーは世界を巡る

 

ご注文

ホーム