バナーラスの赤い花環

上田恭子著

2003年9月刊 46判 226頁 木犀社 2,100円

バナーラスに暮らし、ミニアチュール絵画に出会う。著者はフリーランスの編集者。1993年から94年にかけて、インド・バナーラスの国立バナーラス・ヒンドゥー大学インド美術史学部に留学、1年間滞在した。細密に描かれ美しく謎めいた小さな絵は、知るほどに心温まる傍らの人々に似る。ヒンドゥーの神々に支えられ、ガンジスの水に浮かぶ古都の日々が綴られる。

【目次】
1 迷路を生きる
 
ホリラルの家まで
 夢見る人
 陽だまりの仲間たち
 絵のなかの河
 死のガート
2 大空のペントハウス
 
ファラハール料理
 秘めごと
 恋人たちの空間
 奇妙な絵
 言葉をつかまえる
3 庭のある家
 
ウォーキングシューズを履く
 食べない日
 赤い花
 透明な羽根
 雨を見る
4 あわいに立つ
 
独り者の居ずまい
 光の方へ
 チャドルのなかの顔
 ヴェジとノン・ヴェジ
ガンガーのほとりで−あとがきに代えて

 

ご注文

ホーム