ワヤン・ジャワ、語り集成 マハーバーラタ編(上下巻)

松本亮 編訳

2009年6月刊 A5判 896頁 八幡山書房 在庫切れ、ご注文いただけません。

ワヤン・ジャワにおけるマハーバーラタの主流をなす演目群を訳出。

「本来ワヤンの台詞は即興に委ねられていることから、物語の大筋はおなじだが細部にわたっては、同じダランが同じ演目を二夜にわたって演じてまったく同じになることはありえない。つねにダランの語りは居一回性であり、厳密にいえば、一夜の語りはその刻々に、永遠の闇に消え失せるのである。
 したがって本書に訳されたダランの語りは、記述されたものではなく、大げさに言えば、その刻々に消えようとする言葉の宝石が闇に落ちる一歩手前で、たまたますくいあげられたものといっていい。」(本書「はじめに」より)

【目次抜粋】
〈上巻〉
主要人物系図
第一番 王女アムビコの死
第二番 カルノの誕生
第三番 ノロソモ
第四番 ビモの誕生
第五番 カルノ初見参
 :
 :
第十七番 コロブンドノの死
〈下巻〉
主要人物系図
第十八番 ウィロトの国の物語
第十九番 クレスノ使者に立つ
第二十番 ビスモの戦死
 :
 :
第二十七番 マヤンコロの昇天
【番外編】=番外一〜五について
〈番外一〉 ラウォノの誕生
 :
〈番外五〉パンジ・アスモロバングン(ワヤン・べベル) 
あとがき

 

ご注文

ホーム