小さきものの祈り インドネシアの聖検(クリス)をめぐる旅

新井容子著

2002年11月刊 46判 320頁 情報センター出版局 1,650円

1996年、著者はインドネシアで不思議な力をもつと信じられているクリスの神秘を探る旅に出かけた。1998年スハルト体制の崩壊という時代の変革期に遭遇。クリスの神秘を追いかけながら、その時代のうねりの中へ迷い込んでいった。インドネシアの神秘・魔力と、時代のうねり、ふたつの記号は深いつながりをもっていた。このふたつの世界を行き来した旅が本書となった。

【目次】
prologue  プロローグ
chapter1 神秘への誘い
chapter2 バランス
chapter3 夢のお告げ
chapter4 ガジャ・マダの思い
chapter5 大統領へのワフユ
chapter6 守りたいもの壊したいもの
chapter7 境界線
chapter8 時代と祈り
chapter9 大宇宙&小宇宙
chapter10 未来ヘ
epilogue  エピローグ

 

ホーム