スラウェシだより 地方から見た激動のインドネシア

松井和久著

2002年3月刊 新書判 290頁 アジア経済研究所 1,400円

スラウェシ州の州都マカッサルに1996年から2001年まで、約5年間暮らして、中央・ジャカルタにいては見えてこない地方の論理が見えてきた。むしろ、ジャカルタはインドネシアのなかでも特殊な場所に見えてくると著者は言う。ジャカルタとは違うインドネシア、中央と地方のギャップを伝える。

【主要目次】
第1章 インドネシア東部地域開発の諸相
第2章 経済危機、政治変動、暴力
第3章 島をめぐる、地方をめぐる
第4章 地方分権化と地方の自立

 

ホーム