失敗のインドネシア 民主化・改革はついえたのか

インドネシア民主化支援ネットワーク編

2003年6月刊 A5判 130頁 インドネシア民主化支援ネットワーク 800円

【目次】
エリート政治は変わらない

 スハルト、ハビビ、ワヒドからメガワティへ/国軍こそが問題/民の暮らし
国軍「改革」はおこなわれたのか
 民主化の流れとせめぎあい/断ち切れない「不処罰」の連鎖/「ショー裁判」のつづく特別人権法廷/闇ビジネスに走る国軍/後退する改革をどうすればいいのか
スハルト後のイスラームはどうなっているのか
 スハルト体制化のイスラーム/政治シンボル化する宗教/試練に立つ寛容のイスラーム/今後の展望−新しい世代の台頭
援助と紛争―カリマンタンを事例として
 カリマンタンの人びととわたしたち/紛争解決のためには何をすればよいのか
スハルト体制の遺産―各地の戦争・紛争
 アチェ―和平を望まない国軍/パプア―モーニング・スター旗に託した独立への思い/マルク―特殊部隊が暗躍する「宗教」紛争/ポソ―求められる紛争構造の解明/カリマンタン―開発がもたらした「民族」紛争/東ティモール―日本が荷担した侵略

 

ご注文

ホーム