「女の仕事」のエスノグラフィ バリ島の布・儀礼・ジェンダー

中谷文美著

2003年2月刊 46判 286頁 世界思想社 2,300円

バリ島の農村で、女たちは布を織り、儀礼に精を出す。結婚はしたい、でもしきたりに縛られたくはない。近代と伝統の狭間を生きるバリ人女性の喜びと悩み、働く誇りと苦労を描く。

【主要目次】
序章 インドネシアの女性政策と「二重役割」
第1章 バリ社会をジェンダーで読む
第2章 供物をつくる ― 「仕事」としての儀礼
第3章 布を織る ― 「みえる仕事」としての機織り
第4章 料理する ― 「仕事でないもの」としての家事・育児
第5章 「結婚したがらない女」たち ― 増える役割と変わらぬ規範のはざまで
終章 変容する社会の仕事とジェンダー

 

ご注文

ホーム