ジャワの宗教と社会 スハルト体制下インドネシアの民族誌的メモワール

福島真人著

2002年2月刊 A5判 432頁 ひつじ書房 6,400円

80年代のインドネシア・ジャワで繰り広げられた、国家と諸宗教の複雑な闘争のドラマ。政教分離を迫る政府とイスラム勢力の抵抗、そのイスラムに拮抗し、合従連衡をくりかえすジャワ主義教団、そして全ての権力を覆すサミン運動。スハルト体制下の錯綜とした宗教潮流が、民族誌的細密画として登場する。

【主要目次】
序 ジャワの宗教 人類学的パースペクティブ
第1章 イスラムと失われた全体性 NUとローカル・ポリティクス
第2章 心のテクノロジー クバティナンの解釈学
第3章 権力のミニマリズム サミン運動と象徴的革命
第4章 理論的考察
付論 「信仰」の誕生 インドネシアにおけるマイナー宗教の闘争

 

ホーム