稲作の社会史 19世紀ジャワ農民の稲作と生活史

大木昌著

2005年12月刊 A5判 400頁 勉誠出版 (5%)税込:\5250 (本体:\5000)

19世紀初頭から20世紀初頭における中・東部ジャワの「農民の生活史」を、稲作という経済的な側面から再構築する。

【主要目次】
第1章 ジャワ稲作前史―19世紀初頭以前の農民の移動と伝統稲作
第2章 伝統稲作の生態環境―森林の減少と土地利用の変化
第3章 伝統稲作の技術的背景―農具と家畜
第4章 焼畑と稲作
第5章 水田とイネの種類
第6章 伝統的水田稲作の実際
第7章 伝統的住民灌漑
第8章 伝統稲作の経済学―土地と労働の生産性
第9章 稲作と農民の生活―農民の家計日誌から

 

ご注文

ホーム