軍が支配する国インドネシア 市民の力で変えるために

シルビア・ティウォン他編 イスラク他画 福家洋介、岡本幸江、風間純子訳

2002年10月刊 46判 200頁 コモンズ 2,200円

本書の原典は、“Militerisme di Indonesia Untuk Pemula”1999年刊。95のNGOが共同出版者となっている。編者は、インドネシアのNGO活動家。インドネシアの政治、経済、社会全般にわたって影響力を増す軍の力を、市民の立場から告発する。

【主要目次】
第1章 軍はトラブルメーカー
第2章 軍の歪んだ歴史
第3章 権力に近づくために
第4章 国防・治安のための暴力
第5章 ピストルと不思議なビジネス
第6章 組織的な暴力
解説 「ようこそ新・新体制!」にならないために

 

ホーム